アンスティチュ・フランセ日本/在日フランス大使館のフランス語、書籍、フランコフォニー部門より、日本の出版社を対象としてフランスの団体が提供する助成についてお知らせします。 出版社を対象にした援助

アンスティチュ・フランセ・パリ本部による翻訳出版助成プログラム(PAP)

アンスティチュ・フランセ・パリ本部による翻訳出版助成プログラム(PAP)では、国内でフランス作品の出版を予定されている出版社に、著作権を取得される際に発生する費用をアンスティチュ・フランセ・パリ本部が肩代わりする形で提供する、助成金の制度です。

 

このプログラムは著作権買取に関する援助です。

      • アンスティチュ・フランセの審査委員会が年2回、2月と6月に集まり、世界各国のフランス大使館から送られてきた著作権買取助成金申請を審査します。
      • 申請が承認されると、アンスティチュ・フランセ・パリ本部が著作権料(一部の場合あり)を負担することとなり、内金としてパリ本部より直接、著作権を保有するフランスの出版社に対して支払いが行われます。
      • • PAPの助成を受けた著作物には、アンスティチュ・フランセとフランス外務省の翻訳出版助成プログラムの助成を受けた旨、明記されなければなりません。(『Cet ouvrage a bénéficié du soutien des Programmes d’aide à la publication de l’Institut français. 本書は、アンスティチュ・フランセ・パリ本部の出版助成プログラムの助成を受けています』の、日仏一文を必ず印刷のこと)

PAPの対象 PAPを申請できるのは、フランスで既に刊行された著作物の日本語翻訳を出版する日本の出版社です。文学、哲学、芸術、人文科学、社会科学、科学技術など、分野は問いませんが、現代の著作が優先されます。   選考基準

      • 作品自体の質と、フランスの創作・思想における作品の重要性
      • 申請者が、長期的にフランスの著作物を翻訳・出版するという方針に関わる業績と計画
      • フランス大使館は次の分野における現存著者の出版を優先的に推薦しています:(優先順位の高い順から)現代フィクション、マンガ(BD)、青少年向け、人文社会科学、演劇、詩

助成金の支払いについて

      • アンスティチュ・フランセ・パリ本部が版権に関する費用を肩代わりする形で直接、助成金をフランスの出版社に支払います
      • 既に著作権料が支払われている場合、アンスティチュ・フランセに助成金を申請することはできません
      • 助成金の支払いは申請承認後、4ヶ月後から半年以内に行われます(助成金の対象になった場合、すみやかに仏出版社に、アンスティチュ・フランセ・パリ本部へ、請求書を送付頂いて下さい)。

申請書類

申請期間

      • 2018年2月の部: 申請締切:2017年12月22日(必着) アンスティチュ・フランセによる審査:2月 結果通知:2月末
      • 2018年6月の部: 申請締切:4月27日 アンスティチュ・フランセによる審査:6月 結果通知:6月末

なお、年によって日付が若干ずれることがあります。詳しくはお問い合わせください。

 

お問い合わせ : フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本本部 グローバル討論・書籍部門
       西口由紀 dg.debat.contact@institutfrancais.jp

 

フランス大使館/IFJ 指定の作品・作家に対する助成

この助成金の制度は、アンスティチュ・フランス・パリ本部の翻訳出版助成プログラム(PAP)を補足する形で、在日フランス大使館よりさしあげる助成金の制度です。現代フィクションと、BDの分野で、大使館が優先して指定、推薦する作品を翻訳出版頂ける出版社を対象にした助成金です。

 

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本により推薦された作品・作家の日本国内出版のための助成は、フランスの現代小説、フランス語圏の作家による小説、フラ ンスのマ ンガ(バンド・デシネ、以下BD)、の3つのカテゴリーを対象にしています。インターネットでダウンロードして頂ける以下、3つのリストにて推薦・指定作品を優先して助成の対象とします。

この助成は、書籍に関するその他機関(アンスティチュ・フランセ・パリ本部、CNL等)により提供される、その 他の助成 (PAP著作権譲渡に関する援助等)と同時にご応募いただけます。お申し込みの締め切りは、PAP著作権譲渡に関する援助のお申し込みと同期間必着、また、同じ様式で、書類に、必ず「推薦作品・作家のための助成希望」と書き込んで下さい。 結果は、6月中に発表されます。さしあげる助成金の額は、翻訳出版の予定数、出版にかかる経費によって決定されますが、約1000から3000ユーロの間になります(こちらは円換算でのお支払いですので、その時のレートにより円でのお支払いの総額が違ってくることをご了承下さい)。 推薦・指定作品・作家の日本国内出版のための助成は、以下の作品も援助の対象となります。 • リスト内に名前が挙がっている作家による、リスト外の作品 • BDの場合、リスト外の作家の場合は、フランスの出版社による作品、原作がフランス人、また、原作が外国人であっても、絵がフランス人による作品であること。 • フランス語の小説(存命のフランス人作家、あるいはフランスの出版社により出版された作品であることが条件。あくまで文学作品と認識される作品で、青少年向けの小説等は対象外とする) なお、年によって日付が若干ずれることがあります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ : フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本本部 グローバル討論・書籍部門
       西口由紀 dg.debat.contact@institutfrancais.jp

 

CNL仏国立書籍センターによる助成

この助成の制度は、文芸科学分野の仏・仏語作品の国内出版を行おうとする出版者の経済的リスクを軽減するための制度です。

申請は、翻訳権利譲渡の契約が仏出版社と行われた後に行っていただけます。

 

応募要項   出版社には、CNLで年3回行われる判定(2月20日、6月10日、10月31日)の審議会にあわせ、一度に10作品御応募頂けます。これらの日程の少なくとも一月前に、在日フランス大使館あてにお申し込み書類を送付下さい

この助成金は、500~35000ユーロで、翻訳の費用に御使用頂きます。助成金は仏出版社に入金され、日本の出版社にお渡し頂く形を取っています。CNLから、翻訳者に直接のお支払いはできませんので御了承下さい。応募に関しては以下のサイトをご覧下さい。

QRCNLediteur

CNLの出版社のための助成関連サイト

 

お問い合わせ : フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本本部 グローバル討論・書籍部門
       西口由紀 dg.debat.contact@institutfrancais.jp