アンスティチュ・フランセ日本の芸術部門(舞台芸術とビジュアルアート)は、演劇、ダンス、音楽、ビジュアルアートなど、あらゆる分野のフランスの現代創造を振興しています。
業界、公共機関、民間団体、財団、フェスティバル、劇場、美術館などに対して、専門知識や助言を提供しています。
また、文化イベント、交流プログラム、共同制作を支援しています。

展覧会 演劇 ダンス 音楽

 

IFmapp JAPON 公開!

日本国内の「舞台芸術」マップがインターネットに!

 

ヴィラ九条山が2018年度レジデント公募開始

201511_VKヴィラ九条山は、フランスが国外に展開する文化施設の中で最も重要な施設に数えられます。2018年度レジデンスの応募期限は2017年2月6日(月)。詳しくはヴィラ九条山ホームページをご覧ください。

応募締切延長のお知らせ(2017年1月17日更新)
2018年度レジデンス応募締切は2017年2月6日(月)まで延期されました。

ヴィラ九条山はアンスティチュ・フランセ日本の5つの支部の1つ で、ベタンクール・シューラー財団とアンスティチュ・フランセの支援を受けています。
ヴィラ九条山