名前:稲木美佳さん

性別:女性

留学先:パリカトリック学院(パリ)

留学期間:2016年9月19日から2018年1月26日

 

フランス留学の目的は?
フランスの大学で美術を学ぶため。

フランスで生活しての感想は?

多くの経験を通して、学び、成長でき、改めて日本についても沢山考えることができました。

フランスに住んでみて驚いたことは?
時間の流れ方が日本とは違うところ。
交通機関がとても便利。
芸術に触れる機会が沢山あるところ。

語学習得において
フランス語レベルはどれくらい上がりましたか?(到着時から現在まで)

フランス語レベルは到着時はA1の真ん中ぐらいのレベルだったが、今はB1のクラスで勉強しています。

フランス語習得で難しい点は?
授業で発言すること(自分の意見を伝えること)と書くこと。

今まで旅行で行かれた場所でお勧めのところは?
ノルマンディ地方。

フランスに持って行ったほうが良いものは?
– 防寒具(手袋、帽子など)
– バンドエイド
– フード付の上着が便利

あなたにとってフランスとは?
私にとってフランスとは修業の場所。

今後留学される方へのメッセージ
日本とは常識や習慣が違う場所に身を置き、生活することは多くの学びを与えてくれ、その経験自体が人生の大きな財産になると思います。私はフランス留学で考え方がかわり、生き方がかわり、新たな目標を見つけることができました。一つひとつの経験が自信に繋がります。ぜひ、一つでも多くの経験を、日本ではできない経験をしてください!

DSC_0319    image1    DSC_3205

2018.3.1掲載


名前:中田樹 さん

年齢:20歳

職業:学生

性別:男性

留学先:フレンチ・イン・ノルマンディー(ルーアン)

留学期間:6週間

 

僕は大学1年生の春休みにアンスティチュ・フランセの関西の「フランス語学留学サポート」を利用してノルマンディー地方のルーアンという街に短期留学に行きました。ルーアンは大聖堂をはじめゴシック様式、ルネサンス様式の歴史的建造物が多数あり、自然も豊かなのでとても住みやすい街です。

そして僕の通っていた語学学校の「French in Normandy」は勉強するのにとてもいいところでした。受付のスタッフや全ての先生がとても親切で、生徒ひとりひとりにとても暖かく接してくれました。クラスはレベル別で少人数なので、先生に質問をしやすいですし、みんなの距離が近くてクラスメート同士でも国や文化を超えてとても仲良くなれました。どの先生の授業もとてもユニークで「ホテルの受付などでのフランス語をシチュエーション別で行うもの」や「ディベート形式の意見を討論する授業」から「ゲームを通して動詞の活用や文法を学ぶ」といった日本では体験したことのない授業ばかりでした。

そしてなにより、ホストファミリーとの出会いが1番大きく、彼らからは色々なことを学びました。平日には毎日学校であったことや学んだ話をしながらマダムが作ってくれたディナーをみんなで食べて、休日には教会や港町のオンフルールをはじめ色々なところに連れて行ってくれました。

彼らとは今でも手紙やメール交換をしていて、またいつか会いに行くつもりです。

今回のフランスの短期留学は僕にとって初めての海外進出になりましたが、これをきっかけにさらにフランス語を勉強し、いつかはフランス語を使った仕事をしたいと思いました。実際に来年の春からは長期でフランスに留学に行く予定です。

留学はただ語学や文化を学びに行くだけでなく、新たな発見ができ、今まで自分になかった考え方やアイディアを創造できる貴重な経験にもなります。

IMG_2024 IMG_2029 IMG_2028 IMG_2027 IMG_2026 IMG_2025

 

名前:H.Aさん

年齢:19歳

職業:学生

性別:女性

留学先:アクサンフランセ(モンペリエ)

留学期間:6週間
アンスティチュフランセ関西の「フランス語学留学サポート」を利用し、夏はパリへ1ヶ月、冬は南フランスのモンペリエへ2ヶ月行きました。パリもよかったですが、モンペリエは、こじんまりとしていて、学生も多く、温暖で、学習するには、とてもよい環境でした。治安も良く、トラムで通学しました。
学校の対応も親切で、週末のオプションも充実していました。私は、世界一高い橋やチーズの生産地を観光しました。私は、インテンシブというオプション授業もとっていたのですが、4、5人の少人数クラスで、比喩表現や発音を丁寧に習うことができたのでインテンシブ授業をとってよかったと思いました。
ホストファミリーにも恵まれ、夕食の準備を手伝いながら、1日の出来事を話したり、マダムの料理や菓子などを頂きながら、マナーや習慣、文化を教えていただきました。
週末は、クラスメートやホストファミリーとリヨン、マルセーユ、ニームなど近くの街にも出掛けアクティブに過ごせました。積極的にコミュニケーションをとり、何でもチャレンジしてみようと心掛けたのが、充実した留学につながったと思います。

DSC_3460 DSC_3407 DSC_3501 DSC_3407