11月14日(木) 18 :00 :

 

夫の浮気を知ったことをきっかけに、それまでの人生をすべて捨てる決心をするアン。『アマリアの別荘』は、私たちの奥深くに眠る隠された欲望の物語です。人生、名前、自分の存在そのもの、すべてを投げ出して新たにやりなおせたら…。誰もが抱くそんな幻想を描き出します

小説家パスカル・キニャールの奥深い声と、ピアニスト、博多かおるの繊細な演奏が一つに溶け合う、『アマリア荘』の朗読&リサイタル。この音楽と文学の出会いは、現代フランス文学の名手キニャールの作品を発見するための、あるいは再発見するための、たいへんユニークな機会となることでしょう。

 

 

博多かおるは、幼少期からピアノを弾き、ローマンヴィル音楽院のジェローム・グランジョンのクラスを一等で卒業。東京大学とパリ第7大学でフランス文学を学び、博士(文学)号を取得。以来、音楽と文学を結ぶ活動を行っている。現在、東京外国語大学准教授。

 

 

アンスティチュ・フランセ関西―京都 稲畑ホール

一般:800円、クラブ・フランス会員:500円 / 朗読はフランス語

 

“読書の秋2013″ event !

 

「読書の秋」は、フランス語で創作された文芸作品を広く知っていただくために、アンスティチュ・フランセ日本が毎年企画しているイベントです。多様かつ学際的なプログラムで、フランスや日本の素晴らしい文筆家やマンガ家を取り上げています。

 

11
14
  • 2013/11/14
  • 0:00
  • 一般:800円、クラブ・フランス会員:500円 
  • 075-761-2105
  • アンスティチュ・フランセ関西―京都 稲畑ホール
    京都 京都市左京区吉田泉殿町8