4月10日 (木) 13:0014:30

チ エルノ ・モネネンボ(1947年生)は2008年、『カヘルの王』でルノドー賞を受賞した、フランス語圏のギニア共和国出身の作家です。彼の作品 では頻繁に、アフリカにおける知識人たちの無力、プル族の文化、あるいはフランスに亡命したアフリカ人の苦境が描かれています。2014年には日本語版 『プル族 』の出版が予定されているチエルノ・モネネンボが彼の作品と創作について語ります。

 講演会:

関西大学 千里山キャンパス 第1学舎1号館A301室(3階)

入場無料  逐次通訳付き

お問合せ:アンスティチュ・フランセ関西―大阪Tel :06-6358-7391

共催:関西大学フランス語フランス文学会

04
10
  • 2014-04-10 - 2014-04-10
  • 00:00
  • 入場無料
  • 06-6358-7391
  • 関西大学(大阪千里山キャンパス、尚文館AVマルチメディア大教室)
    Osaka 〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号