「読書の秋」は、フランス語で創作された文芸作品を広く知っていただくために、アンスティチュ・フランセ日本が毎年企画しているイベントです。多様かつ学際的なプログラムで、フランスや日本の素晴らしい文筆家やマンガ家を取り上げています。

 

 

Taiyo Matsumoto/Michael Arias, ASMIK

  • 2013-10-26/27 : バンド・デシネの週末in 京都 

2013-10-26 : バンド・デシネ、マンガそしてアニメ映画の交差 -松本大洋氏、二コラ・ド・クレシー氏、マイケル・アリアス氏を迎えて@ アンスティチュ・フランセ関西―京都

2013-10-27 : アルチュール・ド・パンス氏を囲んで @ 京都国際マンガミュージアム

Nicolas de Crécy

Arthur de Pins

14:00 『めぐり逢う朝』 (原作パスカル・キニャール)

16:30 『ヴィラ・アマリア』(原作パスカル・キニャール)

 

Pascal Quignard

 

 Kaoru Hakata

 

Lawan Issoufou

14:00 『ナタリー』 (原作ダヴィド・フェンキノス)

2013 スペシャルゲスト :

 

アルチュール・ド・パンス(Arthur de Pins

1977年9月22日、フランス生まれ。装飾美術学校を卒業後、アニメーションを学ぶ。いくつかのアニメーション・スタジオで仕事をしながら、『ジェラルディン』(Géraldine、2000年)、『メロドラマ』(Eau de Rose、2003年)、『カニ革命』(La Révolution des crabes、2004年)といった短編アニメーションを作成。2003年以降は複数の雑誌でイラストレーターとしても活躍。2004年には、アニメーションの仕事を継続しつつ、広告やバンド・デシネにも手を広げる。2006年には最初のバンド・デシネ単行本『かわいい罪』(Péchés Mignons, Fluide Glacial/『ユーロマンガ』Vol.4に抄訳)を発表。現在第4巻まで刊行中。その後、2010年には、『ゾンビレニアム』(Zombillénium, Dupuis/『ユーロマンガ』Vol.7、8に掲載)を発表。現在第2巻まで刊行中で、劇場用長編アニメ映画の企画も進行中である。2010年には、もう一作、自作の短編アニメを元にした『カニ革命(仮)』(La Marche du crabe, Soleil)も発表。2012年に全3巻で完結した。デザインセンス溢れる作画と上品なカラーリング、テンポのいいストーリーテリングで人気を博す若手作家である。2013年9月、『カニ革命(仮)』が飛鳥新社から発売予定。

 

 

 

 

ニコラ・ド・クレシー(Nicolas de Crécy

1966年9月29日、リヨン生まれ。フランス・ディズニー・スタジオ勤務を経て、バンド・デシネ作家になる。初期に発表したアレクシオス・チョヤス原作『フォリガット』(1991年)と『天空のビバンドム』(1994-2002年/原正人訳、飛鳥新社)の、時に絵画を思わせる重厚な画面で注目を集める。その他の代表作に、シルヴァン・ショメ原作『麻薬のレオン』(1995-1998年/原正人訳、エンターブレイン)、『氷河期』(2005年/大西愛子訳、小学館集英社プロダクション)、『サルヴァトール』(2005-2010年/大西愛子訳、小学館集英社プロダクション)、『あるおばけの日記』(Journal d’un fantôme, Futuropolis, 2007)などがある。シルヴァン・ショメが監督を務めたアニメーション作品『老婦人とハト』で、美術を担当したことでも知られる。最近はイラストレーターとしての仕事が多く、『スケッチトラベル』(飛鳥新社)に参加しているほか、2008年、京都に半年間滞在した際に描いた絵をまとめた画集『京都日誌』(Carnets de Kyoto, Chêne, 2012)など、画集を精力的に発表している。2013年10月、初期の代表作『フォリガット』がパイインターナショナルから発売予定。

 

 

 

 

パスカル・キニャール (Pascal Quignard)

パスカル・キニャールは1948年にフランスのヴェルヌイユ=シュール=アーヴルで生まれた。パリに暮らし、小説家として『ヴュルテンベルクのサロン』、『シャンボールの階段』、『めぐり逢う朝』、『ローマのテラス』『アマリアの別荘』、『神秘的な絆』などの作品を世に出してきた。省察とフィクションが混じり合うエッセーも書いている(1981−1990年の『小論集(プチ・トレテ)I〜VIII』、2002-2012年の『最後の王国I〜VIII』). 2000年にアカデミー・フランセーズ賞、2002年にゴンクール賞を受賞した。

 


10
15
12
07
00:00
075-761-2105


アンスティチュ・フランセ関西―京都
〒 606-8301
京都府 京都市 左京区吉田泉殿町8