『7月14日の娘』  La Fille du 14 juillet
(2013年/フランス/88分/カラー/ブルーレイ/日本語字幕付)
監督:アントナン・ペレジャトコ
出演:ヴィマラ・ポンス、ヴァンサン・マケーニュ

7月14日、勤務先のルーブル美術館でトリュケットという娘に出会ってからというもの、エクトルの頭には彼女のことしかない。彼女の気を惹くには、やっぱり海に誘うのが一番。トリュケットの友達シャルロットも一緒となれば、エクトルの友人パトールも大賛成…。シャルロットの弟ベルティエも仲間に加わって、いざ出発!海を めざしてフランスの田舎道を進む一行。しかし彼らのほかに車はない…。というのも、世の中は経済危機のただ中にいるから。そんな夏、政府はバカンスを1か月短縮することを決定し、国民に早々に仕事を再開するよう要請した。何やらしっちゃかめっちゃか、札束も飛び出して、グループは離ればなれに。まるでバカンス7月派とバカンス短縮のせいで休みに出られず嫉妬にかられる8月派とで二分化してしまったフランスそのもの。残されたエクトルたち3人組は、仕事がなんだ!とばかりに、「7月14日の娘」を取り戻し、楽しくダラけた夏休みを満喫することを決め込んでいるが…。2013年カンヌ映画祭監督週間出品作品。

「本作は喜ばしい成功であるだけではなく、最近のフランス映画では放棄されていた領域に果敢に踏み込んでいる。それは非自然主義的コメディという領域である。」(シリル・ベガン、「カイエ・デュ・シネマ」)

★上映後、主演俳優ヴァンサン・マケーニュによるティーチインあり(司会:廣瀬純)

 

02
15
15:30 - 17:00
一般:1200円、学生800円、京都シネマ会員/クラブ・フランス会員500円、シニア1000円
075-353-4723


京都シネマ
〒 〒600-8411
京都市 下京区烏丸通四条下る西側 COCON烏丸3F

<< 第17回カイエ・デュ・シネマ週間 in 京都