© JF Page-Grasset

11月13日(木)18:30-20:00

新人にしてゴンクール賞を受賞した『名誉の戦場』は、1994年に日本語訳が出版され、大変話題となった作品です。2008年には、池澤夏樹個人編集世界文学全集第1集に収められ、再び注目を浴びました。作者のジャン・ルオーを招いて、西南学院大学との共催で講演会を開催します。

 

ジャン・ルオーはその小説処女作品『名誉の戦場』により早くもゴンクール賞(1990)を獲得しました。最新刊のUn peu la Guerre (2014) はジャン・ルオーの三部作La Vie poétique『詩的な生活』の、Comment Gagner Sa Vie Honnêtement (2011)とUne Façon de chanter (2012)に続く最終章です。

 

主催:アンスティチュ・フランセ九州

共催:西南学院大学

協力:ブックオカ

 

 

 

11
13
  • 2014/11/13
  • 18:30 - 20:00
  • 入場無料・要予約・日本語通訳付き
  • お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)
  • 西南コミュニティセンター・ホール
    福岡市 早良区西新6-2-92

<< 読書の秋 2014