2018年6月24日(日)

 

15:45 トマ Thomas

FFF18_Thomas

©2018 THELMA FILMS – MON VOISIN PRODUCTIONS – FRÉGATE PRODUCTION

実母ナタリー・バイを主演に迎えた、ローラ・スメット初監督の短編作品。

2018年/フランス/フランス語/13分/短編
監督:ローラ・スメット
出演:ナタリー・バイ

アンナのコーヒー・メーカーが故障した。それが彼女の人生を変えることになることを、アンナはまだ知らない・・・。

 

16:00 モカ色の車 Moka

FFF18_Moka

©Pyramide Distribution

ナタリー・バイとエマニュエル・ドゥヴォスの競演が光るサスペンス。

2016年/フランス/フランス語/89分/ドラマ
監督:フレデリック・メルムー
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、ナタリー・バイ、ダヴィッド・クラヴェル

少しの荷物とお金、そして凶器を携えてスイス国境近くのエヴィアンへ向かったディアンヌ。目的はただひとつ。息子を事故に遭わせ人生を狂わせた、モカ色のメルセデスの運転手を見つけること。しかし真実への道のりは思いのほか複雑になってゆく。ディアンヌの探している人物はどうやら女のようだった。人をひきつける魅力をもつその女は、同時にどこか謎めいていて・・・。

 

17:45 ティーチイン

ゲストの女優ナタリー・バイを迎えてのティーチイン。質疑応答を含め45分程度を予定。

 

19:00  アフターDJパーティー

ナタリー・バイを交えたカクテルパーティー。LOVE FMのDJによる音楽と共にお楽しみ下さい。

 

※ 上映、ティーチイン、アフターDJパーティーとは全て同会場にて行われます。

 

特別ゲスト

FFF18_Natahlie-Baye

ナタリー・バイ 女優

1948年フランス生まれ。代表作にフランソワ・トリュフォー監督の『映画に愛を込めて アメリカの夜』(73)、『緑色の部屋』(78)、ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手に逃げろ/人生』(79)、『ゴダールの探偵』(85)など。

2000年代に入っても、クロード・シャブロル監督の『悪の華』(03)、ギヨーム・カネ監督の『唇を閉ざせ』(06)、グザヴィエ・ドラン監督の『わたしのロランス』(13)、『たかが世界の終わり』(17)など話題作への出演が続く。

受賞歴は1980年『勝手に逃げろ/人生』でセザール賞助演女優賞、1982年『愛しきは、女/ラ・バランス』ではセザール主演女優賞、1999年『ポルノグラフィックな関係』ヴェネチア国際映画祭女優賞を獲得する。フランスを代表する女優。

 

 

 

 

主催:アンスティチュ・フランセ日本

共催:LOVE FM、ユニフランス・フィルムズ

後援:福岡市

提供:西鉄ホール 協力:九州フランスパートナーズクラブ

フィルム提供及び協力:アルバトロス・フィルム、ピラミッド・ディストリビューション

 

 

06
24
  • 2018-06-24 - 2018-06-24
  • 15:45 - 21:00
  • 映画鑑賞料金(1作品につき):一般前売1,200円 / 一般当日1,500円 / クラブ・フランス会員・学生60歳以上の方は当日1,000円(前売り販売なし)
    アフターDJパーティー料金:前売1,500円/当日2,000円(アミューズ・ドリンク付き)
    特別上映(ティーチイン有)+アフターDJパーティーセット料金:前売2,500円 / 3,300円
    前売り券販売:チケットぴあ(Pコード:558-668)、ローソンチケットローソンチケット(Lコード:82623)
    ※ 当日券は会場窓口でお買い求めください。
  • お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)
  • 西鉄ホール
    福岡市 中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F

<< フランス映画祭2018福岡