Hiroshima_©-Justine-Emard---ADAGP---Ishiguro-LAB

The birth of the robots, Justine Emard
© Justine Emard / Adagp, Paris 2018 – Ishiguro Lab, Osaka University

 

 

オープニング:2018年9月22日(土)17:00

会期:2018年9月22日(土)~ 10月3日(水)10:00-17:00(最終日は15 :00まで)

1994年以来、ヒロシマ・アート・ドキュメントは被曝地の記憶について国内外のアーティストの視点を紹介してきました。彼らの作品は公共の場所や2001年から芸術文化活動拠点としても利用される被曝建物、旧日本銀行広島支店で展示されてきました。25回目にあたる本年はキュレーターにフランス国立造形芸術センター(パリ)の写真コレクション責任者であるパスカル・ボースを迎えます。展示プログラムには、バディ・ダルル、ジュスティーヌ・エマール、ドミニク・ゴンザレス=フォステール、アンジュ・レッチア、マオ・タオといったフランス人アーティストが多く含まれます。

 

Hiroshima_batiment

 

 

主催:クリエイティヴ・ユニオン・ヒロシマ

後援:広島県、広島県教育委員会、広島市、広島市教育委員会、中国新聞社、NHK広島放送局

助成:芸術文化振興基金助成事業

協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社

logo_JAC

 

09
22
10
03
  • 2018-09-22 - 2018-10-03
  • 入場無料
  • お問い合わせ:クリエイティヴ・ユニオン・ヒロシマ(Tel : 082-254-1121)
  • 旧日本銀行広島支店
    広島市 中区袋町5-16