Marie-Laurencin-3-filles

 

4月14日(金)~6月18日(日)

マリー・ローランサン(1883~1956)は、エコール・ド・パリ(パリ派)を代表する女性画家、詩人です。ベル・エポック(良き時代)と呼ばれたころの20世紀パリで活躍。淡く美しい色彩によって描かれた女性たちは、今も多くのファンに憧れを抱かせ、激しい恋や亡命生活などのエピソードも作品にロマンティックな魅力を与えています。本展では、油彩画、デッサン、資料など約100点を展示します。

 

主催:長崎新聞社、長崎県美術館、NBC長崎放送

企画協力:マリー・ローランサン美術館

後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本 ほか

 

 

04
14
06
18
  • 2017-04-14 - 2017-06-18
  • 00:00
  • 料金:一般前売り1,000円(当日1,200円)/ 高校・大学・70歳以上前売り700円(当日900円) / 小学・中学前売り500円(当日700円)
    ※ 税込み、小学生未満無料
  • お問い合わせ:長崎県美術館(Tel : 095-833-2110)
  • 長崎県美術館
    長崎市 出島町2-1