オープニング・パーティー:10月3日(木)18:30

フランスとコロンビアの国籍を持つパリ在住のアーティスト、トリニィ・プラダは世界の人口問題や食に関する社会問題を指摘する中で、人生の儚さを表現します。「私たちは生まれ、やがて死んでいく・・・」というのが彼女の信条。ビデオ作品、絵画、インスタレーション、彫刻と食のパフォーマンスなど、「生と死を分かつ線」の作品には、強迫観念的な作風もうかがわれます。本展では、糸で描かれた絵とビデオ作品を展示。オープニング・パーティーでは食に関するパフォーマンスを予定しています。

 

10
03
10
25
入場無料
お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)


アンスティチュ・フランセ九州5F ギャラリー
〒 810-0041
福岡市 中央区大名2-12-6 ビルエフ