メディアテークでワインを飲みながら気軽にフランス文学に親しんでみませんか。かつて、パリのカフェで作家たちが語り合っていたように。文学とワインは相性がいいもの!文学カフェではワインをご用意してみなさまのご参加をお待ちしてます。

 

会場:アンスティチュ・フランセ九州3Fメディアテーク

料金:各回1,500円(飲み物付き)・要予約

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州メディアテーク(Tel : 092-712-0904)

 

 

2018年7月13日(金)19:00-20:00

ピエール・ブルデュー

M1_cafe-literature_ Pierre-Bourdieu_E18

「界」「文化資本」「ハビトゥス」...ピエール・ブルデュー(1930-2002)が打ち出した概念は、社会の構造を解き明かす鍵を人びとに与えました。いまなお影響力を持ちつづける社会学者の幅広い仕事を、訳者のひとりである倉方健作が紹介します。

 

進行役:倉方健作 (日本語語によるアトリエ)

cafe_litteraire_19c_auteur

 

 

 

 

倉方健作(くらかた・けんさく)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、同研究科で博士号(文学)取得。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、九州大学言語文化研究院准教授。専門はヴェルレーヌを中心とする近代詩。著書に『カリカチュアでよむ19世紀末フランス人物事典』(共著、白水社)

 

 

 

 

 

2018年7月27日(金)19:00-20:00

アンスティチュ読書部:夏の読書

M2_dokuchobu_livre-ete_E18

DR

ジョアンがフランス語初心者から上級者まで、あらゆるレベルの学習者が楽しめる夏の読書にオススメの本を紹介します。あなたのオススメも教えてください!

本を読む楽しさをアンスティチュ読書部で一緒に分かち合いましょう。

 

進行役:ジョアン(フランス語・日本語によるアトリエ)

Johan

 

 

 

 

 

ジョアン

アンスティチュ・フランセ九州講師。講座に文学を多く取り入れるなど、読書好き。メディアテークの常連さんでもあります!

 

 

 

 

2018年9月28日(金)19:00-20:00

エミール・シオラン

M3_cafe-litteraire_Cioran_E18

DR

エミール・シオラン(1911-1995)はフランス語で創作したルーマニアの作家。数多くの作品が評価され、2009年に刊行された遺稿『フランスについて』は国際的な成功を収める。シオランの闇の部分(厭世観)とブラックユーモアが、フランス文学と詩を彩ります。

 

進行役:ヨアン(フランス語・日本語によるアトリエ)

cafe-litteraire-rentree-a15

 

 

ヨアン

アンスティチュ・フランセ九州講師。歴史、文学に造詣が深い。文学カフェの設立メンバーの一人。

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州メディアテーク(Tel : 092-712-0904)