メディアテークでワインを飲みながら気軽にフランス文学に親しんでみませんか。かつて、パリのカフェで作家たちが語り合っていたように。文学とワインは相性がいいもの!文学カフェではワインをご用意してみなさまのご参加をお待ちしてます。

 

会場:アンスティチュ・フランセ九州3Fメディアテーク

料金:各回1,500円(飲み物付き)・要予約

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州メディアテーク(Tel : 092-712-0904)

 

 

2019年5月31日(金)19:00-20:00

声に出して読みたい小説

メディアテークやデジタル図書館キュルチュールテックで閲覧できるフランス語圏の小説から、最新情報をお届けします。また、ジョアンがセレクトした本も、抜粋の朗読付きで紹介します。

 

進行役:ジョアン(フランス語・日本語によるアトリエ)

Johan

 

 

 

 

 

ジョアン

アンスティチュ・フランセ九州講師。講座に文学を多く取り入れるなど、読書好き。メディアテークの常連さんでもあります!

 

 

 

2019年6月14日(金)19:00-20:00

ヴェルレーヌとランボー

DR

ポール・ヴェルレーヌとアルチュール・ランボー。ともに文学史に名前を残す2人の詩人が結んだドラマティックな関係は、映画『太陽と月に背いて』などでも知られています。彼らの人生と作品を19世紀後半という時代のなかで捉えてみましょう。

 

進行役:倉方健作 (日本語語によるアトリエ)

cafe_litteraire_19c_auteur

 

 

 

 

倉方健作(くらかた・けんさく)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、同研究科で博士号(文学)取得。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、九州大学言語文化研究院准教授。専門はヴェルレーヌを中心とする近代詩。著書に『カリカチュアでよむ19世紀末フランス人物事典』(共著、白水社)

 

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州メディアテーク(Tel : 092-712-0904)