メディアテークでワインを飲みながら気軽にフランス文学に親しんでみませんか。かつて、パリのカフェで作家たちが語り合っていたように。文学とワインは相性がいいもの!文学カフェではワインをご用意してみなさまのご参加をお待ちしてます。

 

会場:アンスティチュ・フランセ九州3Fメディアテーク

料金:各回1,500円(飲み物付き)・要予約

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州メディアテーク(Tel : 092-712-0904)

 

 

2019年2月8日(金)19:00-20:30

文学カフェ 特別編

ジュール・ヴェルヌ:「SFの父」の誕生日

M3_cafe-litteraire_Verne_H19

DR

2月8日はフランスの小説家ジュール・ヴェルヌ(1828-1905)の誕生日です。2019年で生誕191年、「SFの父」とも呼ばれ今も世界中で愛されるヴェルヌの作品を、日本ジュール・ヴェルヌ研究会会員の倉方健作が紹介します(『八十日間世界一周』、『海底二万里』、『地底旅行』など)。誕生日に合わせて世界中でおこなわれる朗読イベントも、日本ではここ福岡の文学カフェで実施されます!

 

進行役:倉方健作 (日本語語によるアトリエ)

cafe_litteraire_19c_auteur

 

 

 

 

倉方健作(くらかた・けんさく)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、同研究科で博士号(文学)取得。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、九州大学言語文化研究院准教授。専門はヴェルレーヌを中心とする近代詩。著書に『カリカチュアでよむ19世紀末フランス人物事典』(共著、白水社)

 

 

 

 

2019年3月1日(金)19:00-20:00

フランス語圏の小説

M4_cafe-litteraire_franco_H19

DR

メディアテークやデジタル図書館キュルチュールテックで閲覧できる書籍の中から、最新情報をお届けします。また、毎学期テーマを決めて、セレクトした本を紹介。

今回のテーマはフランス語圏の小説です。

 

進行役:ジョアン(フランス語・日本語によるアトリエ)

Johan

 

 

 

 

 

ジョアン

アンスティチュ・フランセ九州講師。講座に文学を多く取り入れるなど、読書好き。メディアテークの常連さんでもあります!

 

 

 

ヴィクトル・ユゴー:呪われた作品?

2019年3月8日(金)19:00-20:00

M5_cafe-litteraire_-Hugo_H19

DR

世界中の誰もが知る小説『レ・ミゼラブル』。しかし、ヴィクトル・ユゴーの作品や思想は途方もないスケールです。フランス文学の巨人は一体どんな遺産を私たちに残したのでしょう?

 

進行役:ヨアン(フランス語・日本語によるアトリエ)

cafe-historique_Haruna&Yoann

 

 

 

 

 

ヨアン
アンスティチュ・フランセ九州講師。歴史、文学に造詣が深い。文学カフェの設立メンバーの一人。

 

 

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州メディアテーク(Tel : 092-712-0904)