「音楽の日」は、1982年にフランスで生まれたお祭りです。フランスでは毎年夏至(6月21日)に合わせて開催されます。「音楽はすべての人のもの」という趣旨に則り、ジャンルやプロ・アマチュアを問わず、皆で音楽を聴いて、演奏して、楽しむお祭りです。今年はフレンチ・シャンソンのブールヴァール・デ・ゼール、ジャズフュジョン・ファンクの日本バンドEMPTY KRAFTもスペシャルゲストに迎えます!

出演者募集! ジャンルは問いません、お気軽にご応募ください ♪

プロ・アマ問わず「Fête de la Musique 2018」(音楽の日)に出演希望のバンドは下記のオーディションにご参加ください:

日時:6月3日(日)16:00~ 又は6月10日(日)16:00~
場所: アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ(2Fのホール)
案内図:  http://www.institutfrancais.jp/tokyo/about/contact/
予約:オーディションに参加される方は6月1日(金)まで、メールのみでお問合せください。
karim.bourabaa@institutfrancais.jp

下記を必ずご記入ください:

  • 出演者の名前と簡単な自己紹介
  • オーディションのご希望の日にち
  • オーディションに参加される人数
  • 電話番号
  • バンドのセッティング図をお持ちください!

Boulevard des Airs ブールヴァール・デ・ゼール:

bda_nouveau portrait groupe

オート・ピレネー県の県庁所在地タルブのマリー・キュリー高校の同級生のバンドからスタートした。その後フローランとジャン=ノエルのダスク兄弟と、シルヴァン・デュテュとローラン・グルニエの4人が2004年にブールヴァール・デ・ゼール結成した。
エネルギッシュなステージは結成当初から評判を呼び、2010年にはオランピア劇場でのコンサートを成功させる。2011年にリリースされたファースト・アルバムは、リリース後すぐにゴールド・ディスクを獲得し、フランスのグラミー賞「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジック」の「ベスト・ライブ・アクト」賞を受賞する。
日本デビューアルバムでもある最新作は、ダブル・プラチナに輝く大ヒット作になり、アルバムリリース後2年間で100ケ所を超えるツアーを行った。
バンドとしての表現と創作の自由を守る為、作詞、作曲、アレンジ、プロデュースなど全てをバンドのメンバー自身で行っている。2018年6月には初来日公演を行う。

 

 

Empty Kraft

EMPTY KRAFT

バンドプロフィール

2011年、ストリートセッションで出会ったダンサーとミュージシャンによってEMPTY KRAFTを結成。

2012年「出れんの!?サマソニ!?」オーデションにより1200組の中から選ばれてsummer sonic出演。

ダンサーとミュージシャンが全員フロントマンという新たな形態のパフォーマンスバンドとして、新旧問わず様々なジャンルやスタイルを昇華させ、音楽とダンス、プレイヤーとオーディエンスの枠を超えた唯一無二のライブショーを展開している。
メンバープロフィール

日野 翔 (EMPTY KRAFT代表、MC、Dancer)

中学時代よりダンスを始め、高校時代にはダンスコンテストで数々の受賞。

専門学校で様々なダンスを本格的に学び、ストリートでの実績も積む。 現在は、EMPTY KRAFT代表を始め、ナオトインティライミのバックダンサー、 振り付けや演出、ダンスワークショップなど様々な活動を行っている。

KENTA (Dancer)

中学時代よりダンスを始め、高校時代にはダンサーとしてクラブイベントへ出演。

専門学校でバレエ、モダン、ストリートダンスなど幅広いジャンルを本格的に学ぶ。 HIPHOPやHOUSE、JAZZなど、音楽とマッチするスタイリッシュでクールな動きが特徴的。

ダンス以外にも、雑誌やウェブ等でのモデルとしても活躍中。

YU-TA (Dancer)

15歳よりダンスを始め、専門学校へ進学し幅広いジャンルを本格的に学ぶ。

卒業後、自身で立ち上げたダンスチーム「B.W.D」では渋谷のクラブシーンを大いに盛り上げる。HIPHOPを生かしたダイナミックなグルーヴとムーヴでダンスと音楽の新たなスタイルを確立している。

永田 こーせー (Alto Sax)

高校で吹奏楽部へ入部しサックスを始める。2005年島村楽器音楽コンクールで1位金賞を受賞。その後、音大へ進学しクラシックを専攻。独学でジャズを学び、山野ビッグバンドジャズコンテストでは自身で立ち上げたバンドでベストランクアップ賞を受賞。常識を覆すエンターテインメント性が 話題を呼び、Swing Journal等の専門誌に掲載される。バンドサポートやアレンジ、作曲、レコーディングと幅広く活動をし、日本唯一のサックス専門誌theSAXの選ぶ次世代サックスプレイヤーに選出される。矢沢永吉、椎名林檎、関ジャニ∞、スキマスイッチ、BRADIO、negicco等数々のメジャーアーティストのサポートやレコーディングを行っている。

Hassy (Tenor Sax)

学生時代にクラシックを学び、ジャズを独学で勉強し、ビッグバンドへの参加で実績を積む。

演奏をしながらも走ったり・飛んだりとキャッチーでコミカルなパフォーマンスで 独特なキャラクターとして人気を博している。 また、神奈川県内の高校や中学でのサックスコーチとしての面も持ち合わせ、東関東大会 金賞受賞に貢献するなどの実績がある。

協力 :

Buffet_Crampon_Holding_Logo

 

06
23
  • 2018-06-23 - 2018-06-23
  • 12:00 - 20:00
  • 入場無料
  • 0352062500
  • アンスティチュ・フランセ東京
    〒 162-0826
    東京都 新宿区市谷船河原町 15