© 104 Paris

対談:都市部における文化
大規模文化プロジェクトにおける都市建築物の再利用をめぐって

登壇者:クリストフ・ジラール、清水敏男

日時:2014年10月9日(木)18時半~20時(開場:18時)
入場無料(予約不要)
言語:フランス語・日本語(同時通訳付)

Christophe Girard ©Michel Restany

アンスティチュ・フランセ東京がお届けする新たな対談シリーズでは、定期的にフランスと日本の文化に関わる方々をお招きします。
今回は、現パリ第4区区長で、2001年から2012年の間、パリ市長補佐として文化事業を担当し、「ニュイ・ブランシュ」を始めとしたパリの大規模文化プロジェクトを手がけてきたクリストフ・ジラールをお迎えします。また、対談相手として、TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE代表であり、アートディレクター、美術評論家、学習院女子大学教授でもある清水敏男にご登壇いただきます。

現代の都市生活において文化をどのように位置づけられるか?
都市における文化の発展に、どのようにしてより多くの人々を関与させるか?
そうした文化の中心拠点となる都心の新施設、あるいは新地区とはどういった場所になるのか?

こうした問いを中心に、登壇者が対談を行い、会場の皆さんと共に語り合います。
本対談は、日常的に文化に親しむことができる街を望む方々にとって、またとない機会となるでしょう。

 

協力:Français du monde – ADFE de Tokyo
協賛:エビアン
後援:日仏会館フランス事務所

10
09
  • 2014/10/09
  • 18:30 - 20:00
  • 開場:18時
  • 入場無料(予約不要)
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町 15