フランスの映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」と共にセレクトした最新のフランス映画を紹介します。今年は、特別ゲストに、13年ぶりの長編新作『ホーリー・モーターズ』で堂々たる帰還を果たし、2012年カンヌ国際映画祭では絶賛の嵐を巻き起こしたレオス・カラックスを迎えます。驚くほどの創造性、遊び心に満ち、過去の作品、作家たちを参照しながらも、映画の現在、未来、そのあらゆる可能性を試みるべく、様々なジャンルを横断する『ホーリー・モーターズ』。カラックスの新たな傑作、まさに最高傑作とも言える本作がフランス映画史と結ぶ関係を探るべく、「フランス詩的映画史の11の停留所(ステーション)」と題した特集も併行して行います。
*『ホーリー・モーターズ』は2013年春、日本公開予定(配給:ユーロスペース)

ゲスト:レオス・カラックス、ステファヌ・ドゥロルム(「カイエ・デュ・シネマ」編集長)

上映プログラム:
2011年/2012年 ベスト・フランス映画・セレクション

「フランス詩的映画史の11の停留所(ステーション)」

 

第16回カイエ・デュ・シネマ週間 チラシダウンロードはこちらから

01
18
02
03
  • 2013/01/18 - 2013/02/03
  • Toute la journée
  • 一般1200円/学生800円/会員500円 ※ユーロスペースでの『ホーリー・モーターズ』の上映は、一般1500円、ユーロスペース会員、およびアンスティチュ・フランセ東京の映画ポイントカードを持参の方は1200円となります。
  • アンスティチュ・フランセ東京 (03-5206-2500)


第16回カイエ・デュ・シネマ週間

2013-01-18 『秘密の子供』
2013-01-18 『5月の後』
2013-01-18 『メゾン、ある娼館の記憶』
2013-01-19 『レイモン・ドゥパルドンのフランス日記』
2013-01-19 『秘密の子供』
2013-01-19 『5月の後』
2013-01-20 『オルフェの遺言』
2013-01-20 『レイモン・ドゥパルドンのフランス日記』
2013-01-20 『メゾン、ある娼館の記憶』
2013-01-24 『コルドリエ博士の遺言』
2013-01-24 『ヴェネティア時代の彼女の名前』
2013-01-25 『ヴェネティア時代の彼女の名前』
2013-01-25 『コルドリエ博士の遺言』
2013-01-26 『オルフェの遺言』
2013-01-26 『秋の霧』 / 『混血児ダイナ』
2013-01-27 『ホーリー・モーターズ』
2013-02-01 『コルドリエ博士の遺言』
2013-02-01 『秋の霧』 / 『混血児ダイナ』
2013-02-01 『アルマ橋で目覚めた男』
2013-02-02 『アルマ橋で目覚めた男』
2013-02-02 『カミーユ、ふたたび』
2013-02-02 『マンドランの歌』
2013-02-03 『カミーユ、ふたたび』 
2013-02-03 『マンドランの歌』
2013-02-03 『あなたはまだ何も見ていない』