(1969年/92分/デジタル・リマスター版/カラー/日本語字幕付)
出演:アヌーク・エーメ(ローラ/セシル)、ゲーリー・ロックウッド(ジョージ・マシュー)、アレクサンドラ・ヘイ(グロリア)

 

若い女優グロリアと暮らしているジョージは、兵役に出発する前日、手形の支払いが滞っている車のために100ドルを友達に借りに行き、そこで白い服を着た美しい女性を見かける。衝動的にその女の後をついて行くと、彼女は素人の写真家たちにモデルを貸し出すスタジオ<モデル・ショップ>の中に姿を消す。ジョージはその中に入り、その女性ローラと再会し、彼女を撮影する。ローラはアメリカで夫に見捨てられ、息子のいるフランスへの切符のためにそこでお金を稼いでいた。ふたりは一夜をともに過ごし、ジョージは車の手形のためのお金を彼女に渡す。アヌーク・エーメ演じるローラが再び登場する『ローラ』の続編である本作は、68年当時のロサンジェルスについての「詩的なポートレート」でもある。

 

 

 

09
20
15:30
開場:20分前
一般:1200円 学生:800円 会員:500円
アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)


アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
〒 162-8415
東京都 新宿区市谷船河原町 15

<< ジャック・ドゥミ、映画の夢