??????????

 

(フランス=ベルギー/1999年/107分/35ミリ/カラー/英語字幕)
出演: シルヴィ・テスチュ、スタニスラス・メラール、オリヴィエ・ボナミ

 

マルセル・プルースト『失われたときを求めて』の第五篇「囚われの女」をアケルマンの自由な発想で映画化。パリの豪奢な邸宅で恋人アリアンヌと暮らすシモンは、彼女を求める激しい思いから、彼女を尾行する。そして彼女が女性と愛し合っているという妄想に取り憑かれる。ヒッチコックの『めまい』をも想起させる傑作の一本でその年の「カイエ・デュ・シネマ」ベストテンで2位に選ばれた。「『囚われの女』は他性についての偉大な映画だ。」オリヴィエ・ペール

 

 

 

02
14
  • 2016/02/14
  • 17:30
  • 開場:20分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町15

<< 第19回 カイエ・デュ・シネマ週間「シャンタル・アケルマン追悼特集」