cinema1603160318

ご挨拶

私は、2011年にヴィラ九条山へレジデント・アーティストとして滞在し、日本の歴史、文化、社会についての作品を制作しました。本プログラムでは、私を含め、ヴィラ九条山歴代の招聘アーティストの作品をご紹介します。フランス人映画作家はどのような視線を日本に向けるのでしょう?エリック・ボードレールは、極左活動家のレバノンへの亡命に興味をもち、チャーラ・ゼンジルジとギヨーム・ジョヴァネッティは、日本に古くから伝わる伝説からインスピレーションを受けつつ、現代の寓話を産み出しました。レティシア・ミクレスは、映画監督河瀬直美の繊細な世界に深い関心を寄せ、メラニー・パヴィ、イドゥリッサ・ギロは、死と家族のつながりのもろさをテーマにし、映画を撮りました。一方、クリスチャン・メルリオが撮影したのは、東日本大震災後のそれまでとは違った生活様式のクロニクルです。ここで示されている多様な視線は、日本の持つインスピレーションの源としての強い力を表しています。そしてまた、その逆に、これらの映画とそこで表現された日本人のイメージを日本の観客がどのように受容するのか、という交換の機会を作り出しているのだ、と私は考えています。

マルク・プティジャン

 

 

マルク・プティジャン監督作品『ヒロシマ、そしてフクシマ』が
2016年3月12日(土)より、ユーロスペースにて3週間限定公開!


03
16
03
18
開場:20分前
一般:500円 学生・会員:無料
アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)



フランス人映画作家による日本へのまなざし‐ヴィラ九条山招聘アーティストによる映像作品上映

2016-03-16 『Sic』、『重信房子、メイと足立正生のアナバシス そしてイメージのない27年間』
2016-03-16 『Ashes/灰』
2016-03-17 『人間』
2016-03-17 『SLOW LIFE』
2016-03-17 『消え去るものはなにもなく』 、『トーキョー・フリーターズ』 ※上映後、雨宮処凛とマルク・プティジャンによるトークショーあり。
2016-03-18 『人間国宝』