cinema1706131800

映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』(ロシュディ・ゼム監督/2016年)を上映後、『ショコラ 歴史から消し去られたある黒人芸人の数奇な生涯』の著者で歴史家のジェラール・ノワリエルによる講演会を行います。

 

『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』

フランス史上初の黒人芸人ショコラと、相方の白人芸人フティット。
万人を魅了した彼らの、愛と涙に満ちた感動の実話。

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく――。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレックの絵のモチーフとなり、映画の祖・リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人コンビの人生を描いた感動の実話。

ショコラを演じるのは、大ヒット作『最強のふたり』で黒人として初めてセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したオマール・シー。そして、誰よりもショコラの才能を信じ、彼を支えた相方のフティットを、チャールズ・チャップリンの実孫であるジェームス・ティエレが演じ、チャップリンさながら圧巻のパフォーマンスを披露している。

監督:ロシュディ・ゼム
出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ、クロチルド・エム、オリヴィエ・グルメ
2015年/フランス/119分
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© 2016 Gaumont / Mandarin Cinéma / Korokoro / M6 Films

 

ジェラール・ノワリエル
1950年、ナンシーに生まれる。歴史学アグレジェ、文学博士。パリ高等師範学校教授(1986年〜1994年)。国立社会科学高等研究院研究ディレクター(1994年から)。プリンストン大学高等研究院会会員。学術誌Genèses. Sciences sociales et Histoire共同創立者・編集委員。

 

関連イベントのお知らせ
ノワリエル先生の講演会「歴史の社会的機能」が2017年6月14日(水)18:30〜20:30、日仏会館1階ホールにて行われます。
詳細はこちらから

 

 

 

06
13
  • 2017-06-13 - 2017-06-13
  • 18:00
  • 開場:30分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • チケット販売時間:上映当日各回の30分前から上映開始10分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区 市谷船河原町15