cinema1709161530

 

(1958年/フランス/73分/デジタル/カラー/英語字幕)
監督:ジャン・ルーシュ
出演:ウマル・ガンダ、トル少年、アラサス・メガ、アマンドゥ

 

ニジェール出身の3人の青年と一人の女が象牙海岸のアビジャン(現コートジボアール共和国の首都)郊外のトレシュヴィルに身を落ち着ける。故郷を後にした彼らにとってその暮らしは厳しいものであり、三人は機械化された文化を目のあたりにする。憧れのアメリカの俳優の名前エドワード・G・ロビンソンの名前を自称する主人公によってその体験が語られる。1959年ルイ・デリュック賞受賞。
「最も大胆でありながらも慎みに満ちた作品だ。ここには真実がある」(ゴダール)。

 

 

09
10
  • 2017-09-10 - 2017-09-10
  • 17:30
  • 開場:15分前
  • 一般:1200円 学生:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • チケット販売時間:上映当日各回の30分前から上映開始10分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区 市谷船河原町15

<< フランス・ドキュメンタリー映画 その遺産と現在