cinema1807061400

(1956年/フランス/82分/モノクロ/デジタル)

監督:クロード・オータン=ララ

出演:ジャン・ギャバン、ブールヴィル、ルイ・ド・フュネス

1942年、ドイツ占領下。失業中のタクシー運転手マルタンは、豚肉を運ぶ闇市の仕事を引き受ける。一人で運ぶには量が多過ぎ、マルタンは、酒場で見知らぬグランジルを誘うのだが、彼はとんだ食わせ者だった。名優たちによって演じられる対照的な二人のコミカルな掛け合いが楽しいオーラン=ララの隠れた名作。豪胆なジャン・ギャバンと臆病者のブールヴィルという対照的なキャラクターを軸に、小市民を罵倒する裕福な画家ととりえのない貧乏人の一夜限りの道中を描いた苦い喜劇である。ブールヴィルはこの作品での名演によりヴェネチア映画祭で主演男優賞を受賞。当初、オータン=ララはカラーでの撮影を望んだが、キャスティングの自由を確保することに予算を割き、モノクロ撮影となるが、名美術監督マックス・ドゥーイがスタジオ内に再現した占領かパリの薄暗い夜の街路が、かえって映画の大きな魅力になっている。

07
06
  • 2018-07-06 - 2018-07-06
  • 14:00
  • 開場:15分前
  • 一般:1200円 学生/ジャック&ベティ会員:800円 会員:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • チケット販売時間:上映当日各回の30分前から上映開始10分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場とさせていただきます。また、上映開始10分後以降の入場は、他のお客さまへの迷惑となりますので、固くお断りいたします。
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町 15

<< ゴーモン映画~映画誕生と共に歩んできた歴史~