cinema1809181845

背景:
スイス連邦憲法には、平和の推進や人権の尊重を含む、スイスの価値観を促進するという使命が掲げられています。世界人権宣言70周年を祝い、スイス連邦外務省は国際人権映画祭(FIFDH)および 国際連合人権高等弁務官事務所と共に、人権映画ツアー(Human Rights Film Tour)を行っています。日本においては、アン フレデリック・ヴィドマン監督の参加のもと、「FREE MEN」を上映することにいたしました。

 

「FREE MEN」
(2018年/ドキュメンタリー/90分/オリジナル英語版・日本語字幕)
監督:アン フレデリック・ヴィドマン

ストーリー:
人は、窮地に立たされた時、いかに毅然と耐え抜くことができるでしょうか。「FREE MEN」は、非凡な登場人物を描くことにより、この問いを追求しようとしています。アメリカ人死刑囚の二人は、6平方メートルの独房に隔離されたまま、約30年間拘禁。一人は釈放され、対するもう一人も出所するため、戦い続けています。人間が持つ強靭な精神力を描いた映画です。

 

※上映後、監督によるトークショーあり。

 

主催:在日スイス大使館
協力:アンスティチュ・フランセ東京

 

 

09
18
  • 2018-09-18 - 2018-09-18
  • 18:45
  • 開場:30分前
  • 入場無料。
  • 在日スイス大使館(03-5449-8400)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町 15

<<