© Kazuhiro Okuyama

コンテンポラリー・コンピューター・ミュージック・コンサート2015

 19年目を迎えたCCMC2015は今年も東京と関西での開催となります。フランスと日本のアクースマティック音楽を、アクースモニウム(マルチスピーカーシステム)で音を空間化させ、ライブ演奏します。
今年はフランス人作曲家、レジス・ルヌアール・ラリヴィエール(1996年Ars Electonica賞)が来日し、レクチャーコンサートを東京と関西で行います。
東京では、公募入選作品の上演を行い、審査委員長のレジス・ルヌアール・ラリヴィエールよりACSM116賞を授与、そのほかMOTUS、FUTURA各賞を発表いたします。

2月28日(土)14時30分
3月1日(日)15時30分
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ

 

共同主催:音と音楽・創作工房116
協力:MOTUS、甲斐の匠・小田切

02
28
03
01
2月28日(土)14時30分/3月1日(日)15時30分
入場料:一般1,500円(一日通し券)/2,500円(二日通し券) 会員・学生1,000円(一日通し券)/2,000円(二日通し券)
- 03-5206-2500


アンスティチュ・フランセ東京 エスパスイマージュ
東京都 新宿区市谷船河原町15

<< 第4回「デジタル・ショック」 - リアルのファクトリー