芸術におけるデジタル

新技術は、現代アートの実践をどのように変貌させるのか?

日仏の芸術家と思想家が集い、デジタルアートの出現について、またデジタル時代において、作品制作のプロセスや作品の受容がどのように変容するのかについて議論を交わします。

登壇者(予定):アラン・フレシェール(作家、映画人、造形芸術家)、藤幡正樹(東京芸術大学教授、芸術情報センター長)、ドミニク・ムロン(メディアアートフェア「ショー・オフ」アートディレクタ-、『現代芸術、新しいメディア』著者)、岡部あおみ(キュレーター)
司会:草原真知子(早稲田大学教授)

 

02
23
19:00 - 21:00
入場無料
03-5206-2500(アンスティチュ・フランセ東京)


アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
〒 162-8415
東京都 新宿区市谷船河原町 15

<< 第3回「デジタル・ショック」 -マシンが夢見るとき-