NACH 3 (c)Margaux Shoreフランスで夏の到来を祝う恒例イベント、「音楽の日」を今年も東京で開催します。今年はフランスからのスペシャルゲストとしてNACHが登場します!

 

 

 

 

 

 

クラシック・プログラム

12h00 – 12h20 : L.ボッケリーニ  ピアノ五重奏曲(G.417)
Satoko Yamazaki (pno), Masayo Kawasaki (vln), Kyoko Nakanoo (vln), Sarasa Takeuchi (vln), Mariko Yamazaki (vln), Yoshie Aman (vla), Mai Motoyama (vla), Yasuhiro Takahashi (vla), Masashi Kanase (vlc), Miyuko Tabata (vlc)

12h20 – 13h05 : G.トレッリ  ヴァイオリン協奏曲二短調/イ長調/ニ短調、 M.カステルヌオーヴォ=テデスコ        ギター五重奏曲 2&1楽章
Masayo Kawasaki (vln), Kyoko Nakanoo (vln), Sarasa Takeuchi (vln), Mariko Yamazaki (vln), Yoshie Aman (vla), Mai Motoyama (vla), Yasuhiro Takahashi (vla), Masashi Kanase (vlc), Miyuko Tabata (vlc), Rintaro Nishigaki (gtr)

13h10 – 13h30 :「ロボット行進曲」、「七夕の夜想曲」、「森の声」、「笛吹けども踊らず」」、「回想のロンド」、「ふしぎ」、「子守歌」
Masato Nakamura (composition & piano)

13h30 – 13h35 : F.コルベッタ  2人のためのシンフォニア
Shigeo Takeuchi (guitare baroque), Rintaro Nishigaki (guitare baroque)

13h35 – 13h50 : A.M.バルトロッティ「ギター曲集第2巻」よりプレリュード・アルマンド・クーラント・サラバンド・ジーグ ニ長調
Shigeo Takeuchi (guitare baroque)

特別上映会『ポリー・マグーお前は誰だ』

15:10 : 開場、15:30 : 開映、17:15 (予定): 芳野まいによるトークショー

メイン・プログラム(予定)

12:10 – 12:30 : 楽団ふたり

12:30 – 12:45 : 鳥井さん
12:45 – 13:05 : Mean Street
13:05 – 13:20 : At!
13:20 – 13:25 : 中村さん
13:25 – 13:40 : Rigue
13:40 – 14:00 : 関根好香&friends
14:00 – 14:15 : アンスティチュ・フランセ東京の合唱
14:15 – 14:35 : EMMA
14:35 – 14:50 :福岡英朗さん
14:50 – 15:10 : Arthur Pentamenter
15:10 – 15:30 : HARUKArma
15:30 – 15:50 : French Touch
15:50 – 16:05 : 荷田昌志さん
16:05 – 16:25 : THE凱旋門ズ
16:25 – 16:40 : ジャンポール・リシャール
16:40 – 17:10 : Takashi Umemiya and the comrades
17:10 – 17:30 : Madogiwa Tom
17:30 – 18:00 : ゼーゼーハーハー
18:00 – 18:30 : Sexy Synthetizer
18:30 – 19:30 : NACH
19:00 : DJ MASAKI69 とDJ HARAGUCHICによるPolly Magoo DJ Party

NACH (ナッシュ)

NACHことAnna Chedid (アナ・シェディッド) は、1987年生まれのフランスのシンガー・ソング・ライター。彼女のアーティスト名「NACH」は名前と苗字の終わりと始めの2文字を取って組み合わせたものである。 同じくシンガー・ソング・ライターであるLouis Chedid
(ルイ・シェディッド) を父親に持ち、兄のMatthieu Chedid (マチュー・シェディッド) も「M」というアーティスト名で活躍をするフランスを代表するシンガー・ソング・ライターの一人である。父方の祖母のAndrée Chedid (アンドレ・シェディッド) はフランス人とエジプト人の両親のもとにレバノンに生まれた文筆家であった。そんな祖母の影響を受けてか、NACHにとって言葉を紡ぐことは日常生活において必要不可欠な習慣の1つである。また、彼女の歌唱力は、8歳の時に兄のMatthieuがアルバム制作の際に試しに歌わせてみたことをきっかけに、その美しく巧みなバイブレーションの才能が見出された。以後、タップダンスや演劇などにも夢中になったが、特にコーラスのレッスンは、彼女が感銘を受けているビリー・ホリデイのような歌声を身につける為に特に力を注いだ。指南役は、彼女にオペラ歌手を目指すよう奨めるが、彼女は自分自身のままでありつづけるために、その献言を拒む。その後、音楽の道に進むべきかを決断するまでに時間を要したが、18歳の時に初めてのオリジナル楽曲を完成させたことで、自身の人生を音楽の道に費やすことを決意する。2009年に1枚目のミニアルバム「Elle ou moi」をリリースし、翌年2010年には、兄Matthieuのツアーにコーラス及びキーボードとして参加をする。ツアー終了後、ボイスレッスンの強化を主な目的に、その傍らベースとドラムの技術も身につけるためにニューヨークへ渡る。2013年には、数々の有名アーティストの前座を務めるなど、ミュージシャンとしてのキャリアを本格的に積み始める。2015年4月、ファーストアルバムNach」をリリース。同年、毎年優秀な作詞者や作曲者に与えられるラウル・ブルトン賞を受賞。

Arthur Pentamenter

HARUKArma

Takashi Umemiya and the comrades

ゼーゼーハーハー

Sexy Synthetizer

 

 

06
25
  • 2016-06-25 - 2016-06-25
  • 無料
  • 03-5206-2500
  • アンスティチュ・フランセ東京
    〒 162-8415
    東京 新宿区市谷船河原町15