©Bêka&Lemoine

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.19
登壇者:イラ・ベカ&ルイーズ・ルモワンヌ(アーティスト)× 保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)

 

日時:2018年4月26日(木)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
入場料:一般1000円、学生・会員無料(17時30分より受付開始)
対談は同時通訳付(映画には字幕は付きません)

18時~18時45分 : イラ・ベカ&ルイーズ・ルモワンヌによるシリーズ『ホモ・ウルバヌス』より『ラバティウス』(ロングバージョン)上映
※一部、刺激の強い映像が含まれますので、ご注意ください。
19時~20時30分 : イラ・ベカ、ルイーズ・ルモワンヌ、保坂健二朗による鼎談

第19回目のル・ラボでは、現在、京都ヴィラ九条山にて調査滞在を行っている、フランス人アーティスト、ルイーズ・ルモワンヌ&イラ・ベカ両氏を迎え、彼らのこれまでの作品や芸術的アプローチ、現在取り組んでいるプロジェクト等について、保坂健二朗氏(東京国立近代美術館主任研究員)の進行で紹介します。

イラ・ベカ&ルイーズ・ルモワンヌ
彼らがリサーチ活動の中心に据えているのは、現代建築と都市環境を巡る新しい語り口と映像表現の実験である。型破りで極めて主観的な視点を備えた2人の映像作品は、用途という概念に狙いを定めながら、現代建築の静的なイメージに活気ある姿を取り戻させている。2人の映像作品は個人的な物語に満ち溢れた世界への扉を開き、私たちが暮らしている空間が、誰もが直接関わりのある社会的、文化的、政治的問題と深く重なり合っているかを明らかにする。
ニューヨーク・タイムズ紙に「建築界のカルト的存在」として紹介された彼らの映像作品は、世界の批評家から「建築や都市を語る方法を変化させた」(イタリアの建築雑誌「domus」)と賞賛された。また2016年には、ニューヨーク近代美術館(MoMA)がその常設コレクションのために、彼らの全作品を購入。

ホモ・ウルバヌス(HOMO URBANUS)世界の街歩き日記
「ホモ・ウルバヌス」は各地を巡るリサーチ・創作プロジェクト。世界の様々な都市において複数の段階を経ながら長期的に展開する。京都と東京のほか、ボゴタ、ソウル、ナポリ、ラバト、サンクトペテルブルクやメキシコも含まれる。極めて自由な形態の映像作品プロジェクトは、これらの都市の路上で繰り広げられる日常生活の主観的な探訪日記として構想されている。非公式経済、路上での日銭稼ぎ、個人が生き残るための様々な方法、集団の規則に対する個人の自由 —— これらが、この断片的物語の主要テーマとなる。異なる都市環境を比較するアプローチによって、各都市を居住のための実験室として読み解き、共生というグローバルな挑戦に対する個別的でローカルな回答が提供される。

保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
1976年生れ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。2000年より美術館に勤務、現在はコレクション部門の絵画彫刻室長を務める。
企画した主な展覧会に「建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳」(2008)、 「エモーショナル・ドローイング」(2008)、「建築はどこにあるの?」 (2010)、「フランシス・ベーコン展」(2013)、「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」(2014)、「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」(2016)、「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」(2017)など。
「Logical Emotion: Contemporary Art from Japan」(2014、ハウス・コンストルクティヴ美術館他)など国外での企画も行う。
主な著作に『アール・ブリュット アート 日本』(監修、平凡社、2013)など。『すばる』、『疾駆』、『SPUR』で連載を持つ。
滋賀県新生美術館整備推進専門家会議や東京都アール・ブリュット振興事業アドバイザリー・ボード等、諸機関の委員も多数務める。

「ル・ラボ」とは?
2015年春よりスタートした対談シリーズ。
日本とフランスのアーティストや思想家、批評家等を迎え、日本とフランスにおける現代の課題について考察し、創造的交流の創出を目指す試みです。ビジュアルアート、舞台芸術、映画や批評等、学際的な幅広いジャンルにおける現代のクリエーションについて議論し、新たな複数の視点を提案します。
また「ル・ラボ」に登壇するフランス人アーティストや思想家たちの、日本との出会いの足跡をアーカイブとして残していきます。

 

協力:

04
26
  • 2018-04-26 - 2018-04-26
  • 18:00 - 20:30
  • 03-5206-2500(アンスティチュ・フランセ東京)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町 15