©Cie DCA

 『パノラマ』日本ツアー関連企画
フィリップ・ドゥクフレ 特別対談&上映会

ファンタジーを紡ぐ舞台で観客を虜にしてきた振付家、フィリップ・ドゥクフレとカンパニーDCAによる、8年ぶりの来日ツアー関連企画!アンスティチュ・フランセ東京では、フィリップ・ドゥクフレを迎え、特別対談を行います。

これまでのドゥクフレ作品の映像上映の後に、作家・舞踊評論家の乗越たかおを招き、フィリップ・ドゥクフレと対談を行います。フランスを代表する振付家の作品世界を、(再)発見してください!

6月11日(水) 19:00
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
入場料 500円(前売りはございません。当日入場時にお支払いただきます。)
予約・お問合わせ:アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)

●アーティスト プロフィール
フィリップ・ドゥクフレ(Philippe Decouflé)
振付家・演出家。パリ生まれ。1983年に自身のダンス・カンパニーDCAを設立。86年の『CODEX』で評価が高まる。92年、アルベールビル冬季オリンピック開会式を31歳の若さで手がけ、サーカスとダンスが交錯する奇想天外な演出で一躍世界に知られる。94年、『プティット・ピエス・モンテ』で初来日。2003年、日仏中の国際共同製作として『IRIS』を日本初演している。ディオールやエール・フランスなどのCMを手がけたり、サーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユや、クレイジーホース・パリのショー『DESIRE』を演出・振付する(その様子はフレデリック・ワイズマン監督によりドキュメンタリー映画化された)など、ジャンルを横断して幅広く活躍している。

乗越たかお(Norikoshi Takao)
作家・ヤサぐれ舞踊評論家。海外でも翻訳され、ベストセラーとなった『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER』(作品社)の他、『ダンシング・オールライフ〜中川三郎物語』(集英社)、『アリス〜ブロードウェイを魅了した天才ダンサー川畑文子物語』(講談社)、エッセイ集『どうせダンスなんか観ないんだろ!?』(NTT出版)、講義録『ダンス・バイブル』(河出書房新社)など著書多数。
06年にニューヨークのジャパン・ソサエティからの招聘で滞米研究。07年イタリアのダンス・フェスティバル『ジャポネ・ダンツァ』の日本側ディレクター、08年よりソウル・ダンスコレクションとソウル国際振付フェスティバル(旧バニョレ・ソウル・プラットフォーム)、14年セルバンテス文化センター『ソロダンサ』審査員。エルスール財団新人賞コンテンポラリー・ダンス部門で唯一の選出委員。

 

日本ツアーに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

06
11
  • 2014-06-11 - 2014-06-11
  • 19:00 - 21:00
  • 入場料:500円
  • アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)
  • アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
    〒 162-8415
    東京都 新宿区市谷船河原町 15