アンスティチュ・フランセ横浜のレベル設定

 

ヨーロッパ共通参照枠(言語に関する欧州共通基準)は、EUメンバー国間における外国語学習の統一性及び透明性を高めるため、欧州評議会によって設定されました。EU内での人々の移動を活発にする、お互いの言語能力試験の認定を容易にする、あるいはさまざまな国の教育機関の間での協力を促進するために役立てられています。現在世界中で、このヨーロッパ共通参照枠は、コミュニケーション能力、発信・受容スキル、そして特定の課題に必要な能力といった言語能力の習熟度レベルの判定に使われています。アンスティチュ・フランセ横浜では、レベル設定に際し、全てのクラスでこのヨーロッパ共通参照枠(言語に関する欧州共通基準)を遵守しています。