(c)Nicolas de Crécy

 

こちらのイベントは、定員に達しました!

 

河鍋 暁斎の作品に影響を受けた作品を制作するフランスのバンドデシネ(BD)作家、ニコラ・ド・クレシー。 現代風にアレンジされた鬼、妖怪といった魔物は、私達にとって、とても親しみやすいです。

30を超える著作があり、独特の語りと画風に特徴づけられるその作品は、これまでにルーヴル美術館をはじめ、京都国際マンガミュージアム、横浜のBankART1929などの展覧会で紹介されています。翻訳本はヨーロッパ、アメリカ、日本で出版されています。

アーティストの詳細は、こちらをご覧下さい。

 

このワークショップでは、アーティスト本人による作品紹介に続き、参加者が現代の鬼を創造し、それぞれ自由に新しい妖怪や魔物を描きます。ワークショップは、フランス語で行い、逐次通訳が付きます。デッサンの基礎知識・技術のある方対象。お使いのイラスト用具をご持参下さい。要予約。

 

※定員15名。要予約。

 

またヴィラ九条山での滞在期間中に制作された「京都手帳」は、10月22日~11月24日まで、アンスティチュ・フランセ東京にて展示されます

 

 

 

10
19
  • 2013/10/19
  • 15:30 - 18:30
  • 2,500円 (会員:2,000円)
  • 045-201-1514
  • 045-201-7660
  • アンスティチュ・フランセ横浜
    〒 231-0015
    横浜市 中区尾上町5-76 明治屋尾上町ビル7階