(c)Xavier Boyer

ダンス・トゥ・テラン

振付:ユヴァル・ピック、フレデリック・グラヴェル

出演:ラザール・ユエ、小林円春、キリアン・マドレーヌ、アンナ・マソーニ、アントワーヌ・ルー・ブリフォ

 

リヨン都市共同体(グラン・リヨン)にあるリリュー・ラ・パプ国立振付センターのカンパニーの初来日公演です。ディレクター、ユヴァル・ピック振付「Play Back」とフレデリック・グラヴァルによる新作「BWV245」の2本立て。いずれもヨハン・セバスチャン・バッハの楽曲をテーマとするプログラムです。Danse Tout Terrainとは、「あらゆる場所で踊る」の意。

 

10月12日(土)18時開演

10月13日(日)16時開演

 

 

ユヴァル・ピック

1970年イスラエルに生まれる。1990年代よりパト・シェバ、リヨン国立オペラ座バレエ団に参加、オハッド・ナハリン、テロ・サリネン、ラッセル・マリファントなど著名な振付家とのコラボレーションを行う。2011年リヨン都市共同体(グラン・リヨン)にあるリリュー・ラ・パブ国立振付センターのディレクターに就任。

 

 

主催:大野一雄舞踏研究所、BankART1929

協力:アンスティチュ・フランセ横浜

助成:アンスティチュ・フランセ、リヨン都市共同体、リヨン市、平成25年度文化芸術振興費補助金 (トップレベルの舞台芸術創造事業)

後援:在日イスラエル大使館

 

 

 

 

10
12
10
13
前売り2,500円、当日3,000円、会員・学生・シニア(60歳以上)券500円引き(学生証等提示して下さい)
BankART1929 (045-663-2812)
045-663-2813


BankART Studio NYK
〒 231-0002
横浜市 中区海岸通3-9