La Faute à Voltaire (c)DR

 

特集上映 「映画の中の都市」:アブデラティフ・ケシシュ監督2作品

 

『ヴォルテールのせい』

 

(2000年/130分/35ミリ/英語字幕付き)

出演:オール・アティカ、エロディー・ブシェーズ、サミ・ブアジラ

 

ジャレルはフランスの地にチャンスを求めて降り立った。この地での成功を夢見たものの、次第にその幻想は崩れていく。いろいろな人と出会い、施設や団体を転々とし、疎外された者たちのパリを発見していく。当初抱いた夢は叶えられず、恵まれない者同士の連帯を彼はやがて見出すのだった。

 

今日のフランス映画を代表する、チュニジア系フランス人監督アブデラティフ・ケシシュの長編デビュー作。2000年ベネチア国際映画祭にて新人監督作品賞受賞。

 

※この上映後には、『身をかわして』が上映され、その後映画評論家・大寺眞輔氏による講演があります。

 

共催:東京芸術大学大学院映像研究科

助成:アンスティチュ・フランセ

04
20
14:30
1,200円(会員600円)芸大生無料、各回入替
045-201-1514
045-201-7660


東京藝術大学馬車道校舎
〒 〒231-0005
横浜市 中区本町4-44