portrait André Orléan@ DR

 

 

レギュラシオン派の経済学者であり、現在、フランスの社会科学高等研究院(EHESS)の教授を務めるアンドレ・オルレアン氏は、

貨幣や金融を専門とし、この分野に関する多くの著書があります。

藤原書店より今秋邦訳が刊行された最新著書『価値の帝国 (L’EMPIRE DE LA VALEUR)』について、

著者による講演会を神奈川大学にて行います。

(講演はフランス語で行われます。逐次通訳付き。)

 

 

 

 

 

 

アンドレ・オルレアン

アンドレ・オルレアン(1950ー)は、レギュラシオン派の経済学者であり、現在、フランスの社会科学高等研究院(EHESS)の教授を務める。

貨幣や金融を専門とし、この分野に関する多くの著書 がある。

邦訳された単著として、『貨幣の暴力』(1991)、『金融の権力』(2001)、『貨幣主権論』(2012)がある。

また2010年に刊行さ れ、2012年には日本語でも出版された共著『世界をダメにした経済学10の誤り』(2012)では、

欧州の新自由主義的な経済政策に反対の立場をとっている。

 

同氏による講演会が、12月6日(金)18時30分~20時30分に日仏会館で開催されます。詳しい情報は日仏会館の公式サイトをご覧ください。

 

主催:神奈川大学経済貿易研究所

共催:日仏会館フランス事務所、アンスティチュ・フランセ横浜、アンスティチュ・フランセ日本/在日フランス大使館

助成:アンスティチュ・フランセ パリ本部

オフィシャル・パートナー:アクサ生命保険株式会社

 

 

 

 

12
03
  • 2013-12-03 - 2013-12-03
  • 15:00 - 17:00
  • 入場無料(予約不要)
  • 神奈川大学(045-481-5661) 経済貿易研究所(内線4715)
  • 神奈川大学 1号館 308番教室
    〒 221-8686
    横浜市 神奈川区六角橋3-27-1