Sans titre

Photo Catherine Hélie © Editions Gallimard

 

feuillesAutomne

作家フィリップ・フォレストをゲストにお迎えし、アンスティチュ・フランセ横浜の講師ロドルフ・ブルジョワの司会によるトークをお届けします。

フィリップ・フォレストの小説や評論において、日本の作家や芸術家をはじめとする日本の文化が与えた影響や、文学における悲しみや喪失との対峙、また前衛文学の伝記的・歴史的側面からの研究など、作品づくりを構成する主要なテーマをめぐって、お話を伺います。

 

 

フィリップ・フォレスト Philippe Forest
1962年生まれの文学博士フィリップ・フォレストは、数々のイギリスの大学で教鞭を取って来ました。現在は、ナント大学で文学を教えています。作家としての作品の大多数が、ガリマール社から出版され、日本語でも翻訳出版されている『永遠の子ども』は、1997年に処女作に贈られるフェミナ賞を受賞、また『さりながら』で、2004年にデサンブル賞を受賞しています。2009年には、写真家の荒木経惟との共作、『つひのはてに』を発表し、日本ではこの秋、河出書房から『シュレーディンガーの猫を追って』が出版されました。

 

rodolphe

 

司会 : M.Rodolphe Bourgeois

 

※要予約。フランス語 (日本語逐次通訳付)

 

‰ÍoƒƒS    Sans titre
11
04
  • 2017-11-04 - 2017-11-04
  • 17:30 - 19:00
  • 入場無料
  • 045-201-1514
  • アンスティチュ・フランセ横浜
    〒 231-0015
    横浜市 中区尾上町5-76 明治屋尾上町ビル7階