ptit quinquin

ptit quinquin (C) DR

 

『プティ・カンカン』

 

監督:ブリュノ・デュモン
(フランス/2014年/200分/カラー/DCP/日本語字幕付)
出演:アラヌ・ドゥラエ、リューシー・カロン、ベルナール・プリュヴォスト

 

ブロネ地方の海岸沿いの村に住む少年プティ・カンカンは、ガール・フレンドのイヴ、仲間たちと自由に休暇を過ごしている。ある日、海岸に警察のヘリコプターが着陸し、洞穴から牛の遺体を引き出しているのを目撃する。その牛のお腹からバラバラにされた女性の遺体が見つかる。そして牛の遺体はもう一体、また一体とふえていく…。警察部長のヴァン・デル・ヴェイデンと部下のリュデュ・カルパンティエ、そしてプティ・カンカン率いる子供たちは、それぞれこの奇妙な事件を追っていく。

テレビ局アルテから白紙委任状を受けたデュモンが撮影場所でオーディションした素人の俳優たちとコメディと犯罪ものが見事に融合した傑作を生み出した。今回はカンヌ国際映画祭で上映されたのと同じ、シネマスコープ映画版にて特別上映する。
「ときに一本の映画を前にして唯一ある言葉が漏れてしまうことがある。「ありえない」と。最後にその言葉を漏らしたのはレオス・カラックスの『ホーリー・モータズ』を前にしてであった。今日、『プティ・カンカン』を前にその言葉を漏らしている。ブリュノ・デュモンのようにシリアスな映画作家がここ数年でもっとも笑いを呼ぶ作品を撮ってしまうなんて。(…)そしてまた今まで見たことがないほど素晴らしい喜劇俳優が、数ヶ月前まで庭師をしていた無名の俳優だなんて。ありえない、不可能だ、でもここに私たちが望むすべてがある」。ステファン・ドゥローム「カイエ・デュ・シネマ」

※上映後、映画批評家・大寺眞輔氏によるアフタートークがあります。

 

主催:アンスティチュ・フランセ日本
助成:アンスティチュ・フランセ パリ本部
映画プログラム オフィシャル・パートナー:笹川日仏財団/アニエスベー

05
16
16:00
一般1200円、会員600円、芸大生無料 (同日2本目は一般も600円)
045-201-1514
045-201-7660


東京藝術大学馬車道校舎
〒 231-0005
横浜市 中区本町 4-44

<< 横浜シネクラブ 春の特集上映