講演会

第一次世界大戦100年とロマン・ロラン没後70年記念

第一次世界大戦下の知識人─アランとロマン・ロラン

11月1日(土)14:30 ~16:00

 

第一次世界大戦が勃発し、多くの人々が好戦的な愛国主義に熱狂するなか、アランとロマン・ロランは開戦当初から一貫して反戦を訴えつづけた例外的な知識人でした。ともに平和主義の側に立ちながらも異なる方法で戦争に抗した二人の歩みを通じて、大戦が文化に与えた影響について考えてみましょう。

講演者 : 久保昭博 (関西学院大学 准教授)

 

アンスティチュ・フランセ関西―京都 稲畑ホール

入場無料、日本語

共催:ロマン・ロラン研究所

 

 

 

 

読書の秋 2014 について:

「読書の秋」は、フランス語で創作された文芸作品を広く知っていただくために、アンスティチュ・フランセ日本が毎年企画しているイベントです。多様かつ学際的なプログラムで、フランスや日本の素晴らしい文筆家やマンガ家を取り上げています。

2014年の中心的テーマは「第一次世界大戦100年記念」です。

読書の秋 2014 : プログラム

11
01
  • 2014-11-01 - 2014-11-01
  • 14:30 - 16:00
  • 入場無料
  • 075-761-2105
  • アンスティチュ・フランセ関西―京都 稲畑ホール
    京都市左京区吉田泉殿町8 京都

<<