「読書の秋」特別上映会『ジャッキーと女たちの王国』

上映の後、リアド・サトゥフ監督を囲んで漫画カフェ

長編監督二作目である『ジャッキーと女たちの王国』(2014年)では、女性主権の独裁体制の下、男性はおとしめられ、常に女性への服従と尊敬を強いられます。リアド・サトゥフが描き出した不平等の世界は、男女平等の概念に新しい視点をもたらします。ブブンヌ国では、権力を握り、戦争を指揮しているのが女性で、男性はヴェールを被り、家事を行っている。ヴァンサン・ラコスト演じる20歳のジャッキーは、独裁者の娘である大佐(シャルロット・ゲンズブール)と結婚し、たくさんの娘をもうける、という国中の若者と同じかなわぬ夢を抱いているが…。

2014年/フランス/フランス語/90分/ 日本語字幕  /コメディ

■監督:リアッド・サトゥフ

■出演: シャルロット・ゲンズブール、ヴァンサン・ラコスト、ディディエ・ブルドン、アネモーヌ、ノエミ・ルヴォヴスキー

■粗筋:ブブン民主主義共和国では、女性が権力を掌握し、命令、戦争をし、男たちはベールを被り、家事をしている。彼女たちの中にジャッキーは、20歳の男の子で、この国の他の独身者同様、手の届かない空想を抱いている:それは将軍の娘である大佐と結婚し、たくさんの女の子を産むことだ。将軍がその娘の夫探しのために、大舞踏会を開催することになったが、ジャッキーには事は上手く運ばない、義理の家族たちに邪魔され、彼の夢は少しづつ遠のいて行くのだった・・・

 

10
12
  • 2019-10-12 - 2019-10-12
  • 16:00 - 17:30
  • 入場無料
  • 06-6358-7391
  • アンスティチュ・フランセ関西ー大阪
    天神橋2-2-11 阪急産業南森町ビル9階 大阪市北区