20世紀初頭に隆盛をみたいわゆる大河小説は、同時代の支配的言説にあらがう野心的な文学の企図だった。一見、過去の刻印を押された巨大な“ 恐竜”のように見えかねないが、大河小説はいまこそ、その現代的な意義を問い直すに値する。ロマン・ロランやロジェ・マルタン・デュ・ガールらの作品がはらむ豊かな可能性を探ってみたい。

アンスティチュ・フランセ関西ー京都  稲畑ホール

入場無料  日本語のみ

主催・お問合せ: ロマン・ロラン研究所  Tel.075-771-3281

協賛:京都日仏協会

 

 

11
30
  • 2019-11-30 - 2019-11-30
  • 14:00 - 16:00
  • 入場無料
  • 075-761-2105
  • アンスティチュ・フランセ関西―京都
    左京区吉田泉殿町8 京都市 京都府