FFF Kyoto image

関西のフランス映画ファンに送る感動の8日間

関西での開催も7年目を迎え、今回も最新のフランス映画を中心とした充実のラインナップをお届けします。本年度の映画祭団長ナタリー・バイの実娘による初監督短編作『トマ』をはじめ、名匠アニエス・ヴァルダとアーティストJRによる『顔たち、ところどころ』など、選りすぐりの作品を上映します。またゴダール監督作『中国女』の主演アンヌ・ヴィアゼムスキーによる自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』と『中国女』、マルグリット・デュラスの自伝的小説「苦悩」を基に描いた『Memoir of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)』とデュラスのドキュメンタリーなど、京都オンリーのカップリング作品も。さらに特集上映「ゴーモン映画~映画誕生と共に歩んできた歴史~」の一環として、『裁かるるジャンヌ』も特別上映。この8日間の祭典をお見逃しなく!

フライヤーダウンロード

*全作品デジタル上映、日本語字幕付

会場/出町座
6月25日(月)17:10「リベンジ」(108分)
6月26日(火) 17:10「Memoir of Pain / メモワール・オブ・ペイン(英題)」(126分)
6月27日(水)17:10「マルグリット、あるがままの彼女」(61分)上映後、北小路隆志氏(映画批評家、京都造形芸術大学教授)によるトークあり
6月28日(木) 17:10「中国女」(99分)上映後、廣瀬純氏(映画批評家、龍谷大学教授)によるトークあり
6月29日(金)17:10「トマ」(13分)/「モカ色の車」(89分) 計102分
6月30日(土)14:45「顔たち、ところどころ」(89分)上映後、荏開津広(えがいつ・ひろし)氏(執筆、DJ、京都精華大学非常勤講師)によるトークあり
7月1日(日)14:45「グッバイ・ゴダール!」(108分)

入場料:一般1300円、シニア1100円、学生・会員(出町座、クラブ・フランス)800円

出町座 http://cinemacollege-kyoto.com/access
京都市上京区今出川通出町西入上ル三芳町133(出町桝形商店街内)
Tel:075-203-9862
アクセス:出町柳駅(京阪、叡山電鉄始発駅)から西へ徒歩5分、今出川駅(京都市営地下鉄)から東へ徒歩10分
*駐車場・駐輪場はございません。京都市出町駐車場(有料)をご利用下さい。

会場/同志社大学 寒梅館 クローバーホール
7月3日(火)
17:00「裁かるるジャンヌ」(97分)
19:00「ブラッディ・ミルク」(90分)

*各回入替制
入場料:一般1300円、シニア1100円、学生・会員(出町座、クラブ・フランス、Hardience)800円
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む) 無料

同志社大学寒梅館クローバーホール http://d-live.info/
京都市上京区御所八幡町103
Tel:075-251-3270(同志社大学今出川校地学生支援課)
アクセス:市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 2番出口より北へ徒歩約2分
*駐車場・駐輪場はありません。公共交通機関をご利用ください。

主催:アンスティチュ・フランセ日本
共催:出町座、同志社大学今出川校地学生支援課
特別協力:ユニフランス
フィルム提供及び協力:アルバトロス・フィルム、ピラミッド・ディストリビューション、アップリンク、ギャガ、ハーク、マーメイドフィルム、ゴーモン
お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ関西-京都 Tel.075-761-2105

 

UNIFRANCE_Logo2015_Black
06
25
07
03
  • 2018-06-25 - 2018-07-03
  • 00:00
  • 一般1300円、シニア1100円、学生800円 他
  • 075-761-2105
  • 075-761-2106
  • 出町座、同志社大学 寒梅館 クローバーホール
    京都市上京区三芳町133/京都市上京区 烏丸通上立売下ル御所八幡町103 京都


フランス映画祭2018 京都

2018-06-25 リベンジ
2018-06-26 Memoir of Pain / メモワール・オブ・ペイン(英題)
2018-06-27 マルグリット、あるがままの彼女
2018-06-28 中国女
2018-06-29 トマ/モカ色の車
2018-06-30 顔たち、ところどころ
2018-06-30 グッバイ・ゴダール!
2018-07-03 裁かるるジャンヌ
2018-07-03 ブラッディ・ミルク