質問1: 現在開講中のオンラインによる授業は、すべて通学に移行するのでしょうか。

質問2: 春学期後期(6月16日(火)~)にはどのクラスに登録できますか。また、後期から参加するにはどうしたらよいでしょうか。

質問3: 春学期に登録したクラスが閉講になり、受講料は持ち越しを希望しました。後期のみ参加するにはどのようになりますか。

質問4: 春学期に登録したクラスが閉講になりました。後半から再開する可能性はありますか。後半のみ再開する場合、予定されていたテキストの進度はどうなりますか。そして、次の夏学期はどうなりますか。

質問5 私が登録していたクラスは春学期開始時に参加人数が少なかったため、「少人数クラス」の形態に変更されました。後半に新たに登録される方がいる場合、従来のグループレッスンの形態に戻すことができますか。

質問6:後半よりクラス変更を希望することはできますか。

質問7:オンラインによる授業がどのようなものか体験してから登録することはできますか。

質問8:オンラインによる授業と通学による授業の間での振替は可能ですか。

質問9:通学での授業再開にあたり、どのような対策が取られていますか?

質問10:新型コロナ・ウィルスによる緊急事態宣言が再び発令された場合はどうなりますか。

質問11:予定されていたアトリエは実施されますか。

質問12:通信ブティックや銀行振込で支払った新規の年会費に対して発行されるクラブ・フランスカードはどのようにして受け取ることができますか。

質問13:DELF・DALF春季試験は予定通り実施されますか。

質問14:TCF SO試験は受験可能ですか。

質問15:大阪校で6月27日(土)、京都校で7月17日(金)に予定されているTCF一般試験は実施されますか。

質問16:メディアテークの利用は可能ですか。現在借りたままになっている本やDVDはいつ返却すればよいでしょうか。

質問17:アンスティチュ・フランセ関西-京都のル・カフェは営業を再開されますか。

質問18:6月27日(土)予定のル・マルシェは開催されますか。

質問1: 現在開講中のオンラインによる授業は、すべて通学に移行するのでしょうか。

回答1:すべての受講生と教員に、6月9日(火)を目処に通学への移行を希望されるか、オンラインによる授業を継続されるかについてのご希望を伺うアンケートを実施いたします。通学への移行の決定は、クラスの皆様のご希望の全員一致で決定いたします。6月6日(土)までに、各クラスの今後の授業形態についてご連絡いたします。

質問2: 春学期後期(6月16日(火)~)にはどのクラスに登録できますか。また、後期から参加するにはどうしたらよいでしょうか。

回答2:ご登録は簡単です!後期より通学によるクラスをご希望の方、オンラインによるクラスをご希望の方、すべて通信ブティックに後期受講料の設定で掲載されます。6月2日(火)より、通信ブティックのサイトよりお申し込みいただけます。
大阪校 : https://tsushinboutique.com/products/list146.html
京都校 : https://tsushinboutique.com/products/list162.html

年会費についてまだ有効かどうかが分からない方は事前にご確認ください。

受講ご希望の方はぜひメール(大阪校:kansai.osaka@institutfrancais.jp 京都校:kansai@institutfrancais.jp)またはお電話(大阪校 : 06 6358 7391 / 06 6358 7303 京都校 : 075 761 2105 / 075 761 2151)をいただくか、またはアンスティチュ・フランセ関西-大阪校または京都校までお越しください。アクセスのリンクhttps://www.institutfrancais.jp/kansai/contact/ なお、ご来館によるお申込は6月6日(土)から可能です。

質問3:春学期に登録したクラスが閉講になり、受講料は持ち越しを希望しました。後期のみ参加するにはどのようになりますか。

メールまたはお電話で各校にご連絡いただくか、6月6日(土)以降にご来館ください。お預かりしている受講料から、後期参加の場合の受講料を差し引いた残りは、2020年12月31日までご利用いただけます。

質問4:春学期に登録したクラスが閉講になりました。後半から再開する可能性はありますか。後半のみ再開する場合、予定されていたテキストの進度はどうなりますか。そして、次の夏学期はどうなりますか。

回答4:はい、不成立となっていたすべてのクラスについて、少なくとも4名のご参加ご希望がある場合には再開が可能となります。担当教師は後期5週間の期間に見合った進度をご提案いたします。
春学期開始時に成立したクラスへの後期のご参加も可能です。通学による授業と、オンラインによる授業のクラスの両方があります。クラス選びについては、アンスティチュ・フランセ関西の専任教師とスタッフが進度を確認し、適切なクラスをご案内させていただきます。
なお、春学期に開講できなかったクラスはすべて夏学期に再びご提案いたします。

質問5 私が登録していたクラスは春学期開始時に参加人数が少なかったため、「少人数クラス」の形態に変更されました。後半に新たに登録される方がいる場合、従来のグループレッスンの形態に戻すことができますか。

回答5:何名かの皆様にご参加ご希望をいただいた場合はもちろん可能です!従来のグループレッスンの時間数・受講料に戻し、予定されていた授業時間数(例:20時間)の授業を後期で行います。

質問6:後半よりクラス変更を希望することはできますか。

回答6:原則として、一旦学期が開始した後はクラス変更はできません。
ご希望の方は受付にお申し出ください。教務部にて検討いたします。ご変更いただける場合、受講料に差額がある場合はお支払いいただきます。なお、差額のご返金はできません。

質問7:オンラインによる授業がどのようなものか体験してから登録することはできますか。

回答7:はい、可能です。ご新規でご登録いただける方に限り、2クラスまで、レベルの確認やオンラインでの授業をご覧いただくためのクラス見学が可能です。また、オンライン授業で使用するアプリZoomの利用ガイドhttps://www.institutfrancais.jp/kansai/files/2020/05/Guide-Utilisateur-Zoom-JP_IF-Kansai-10.pdfもご覧ください。

質問8:オンラインによる授業と通学による授業の間での振替は可能ですか。

回答8:可能です。振替のご利用については現在までご案内している通りで、異なる授業形式のクラスへの振替も可能です。また、春学期に限り、ご欠席による振替の回数は無制限とし、2020年秋学期終了(12月20日)まで振替出席が可能です。
なお、振替先のクラスに関しては、ご登録いただいているクラスと同じレベル、同じ時間数であることを条件といたします。オンラインによる授業の間での振替は、通学の必要もなく便利です!

質問9:通学での授業再開にあたり、どのような対策が取られていますか?

回答9:新型コロナウイルス禍の中、アンスティチュはこれまでも自治体の要請に従い、責任ある運営に努めてきました。活動を再開するにあたっては、第二波の感染拡大を避けるためにも、慎重を期して臨みたいと考えています。
安全を保ちながら活動を徐々に再開するために、アンスティチュの経営陣は教職員代表との協議のもと、感染防止対策について定めたガイドラインを作成いたしました。
ガイドラインでは、マスクの着用をお願いするとともに、小まめな手洗いを推奨しています。各教室は、ソーシャル・ディスタンスの維持のため、配置を見直しました。
また、ご来館にあたっては毎朝の検温をお願いいたします。検温をお忘れの方には、受付にて体温計をお貸ししますのでお申し出ください。発熱等の症状のある方は、ご来館をお控えくださいますようお願いいたします。

質問10:新型コロナ・ウィルスによる緊急事態宣言が再び発令された場合はどうなりますか。

回答10:緊急事態宣言が再び発令された場合は、自治体の要請に従い、オンラインによる授業への切り替えを行う予定です。

質問11:予定されていたアトリエは実施されますか。

回答11:はい!春学期のパンフレットに予定されていた、6月9日(火)以降のアトリエは、衛生上の安全状況が悪化しない限り、その多くを実施する予定です。いくつかのアトリエは、オンラインによる実施も好評でした!オンラインによるカフェ・デザミは、遠方の方々にもご参加いただきました。

質問12:通信ブティックや銀行振込で支払った新規の年会費に対して発行されるクラブ・フランスカードはどのようにして受け取ることができますか。

回答12:6月6日(土)より、各校の受付でお受け取りいただけます。ただちに特典をご利用いただけると同時に、有効期限についても、2020年3月28日(土)からの大阪校の閉館期間から起算して、従来の1年間に加えて3カ月の延長をいたします。
現在すでにクラブ・フランスカードをお持ちの受講生の方々も、延長手続をご希望の場合はカードをご持参の上、受付までお申し出ください。

質問13:DELF・DALF春季試験は予定通り実施されますか。

回答13:いいえ、2020年DELF・DALF春季試験は、9月に延期いたします。具体的な日程については、日本フランス語試験管理センターのサイト https://delfdalf.jp/ を随時ご確認ください。
試験実施に関しては、文部科学省の要請や推奨が明確に出されていないため、関西ではただちに代替日をご提案することができない状態です。
なお、春季に出願された方は、11月実施の秋季試験への振替受験も可能です。また、TCF SO試験受験への変更も可能です。TCF SO試験も、フランス国民教育省認定のオフィシャルな試験で、終了後すぐに結果も出ます。少人数による受験となるため、衛生の面でも安心です。春季出願者には、こちらからご希望をお伺いするための連絡をさせていただきます。

質問14:TCF SO試験は受験可能ですか。

回答14:業務再開に伴い、実施いたします。受験ご希望の方はメール(大阪校:kansai.osaka@institutfrancais.jp 京都校:kansai@institutfrancais.jp)へご連絡ください。

質問15:大阪校で6月27日(土)、京都校で7月17日(金)に予定されているTCF一般試験は実施されますか。

回答15:ソーシャル・ディスタンス確保のため定員を設けますが、実施いたします。
お早めにご出願ください。

質問16:メディアテークの利用は可能ですか。現在借りたままになっている本やDVDはいつ返却すればよいでしょうか。

回答16:はい、メディアテークも再開いたします。休館前より借りていらっしゃる書籍やDVDは、6月30日(火)までにご返却ください。延滞料は発生いたしません。
感染予防対策として、一旦返却された書籍やDVDなどは10日間貸出しを停止いたします。

質問17:アンスティチュ・フランセ関西-京都のル・カフェは営業を再開されますか。

回答17:6月16日(火)営業再開を予定とし、まずはテイクアウトのみの営業とさせていただきます。ご購入いただいたものはテラスでご飲食いただけます。テーブル席をご利用いただける通常営業は、衛生上の安全を考慮しながらしばらく先とさせていただきます。

質問18:6月27日(土)予定のル・マルシェは開催されますか。

回答18:アンスティチュ・フランセ関西のル・マルシェはすべて屋外で行われ、自治体からの自粛要請の対象とはならないため、ル・マルシェの主催者や出店者と相談の上、決定いたします。
決まり次第すぐにお知らせいたします。