2021年7月20日(火)19:00-21:00

映画ファンにお届けする日本語字幕付き上映会。

春のシネクラブは、クラシック名画のコメディー映画、政治ドラマそしてスリラーの3作品をセレクトしました。

上映会の後には、アンスティチュ・フランセ九州の館長と一緒に映画について気軽におしゃべりを楽しみましょう。

 

今回の上映作品は、パトリシア・マズィ監督のスリラー映画『ポール・サンチェスが戻ってきた!』

 

『ポール・サンチェスが戻ってきた!』

[2018年/111分/スリラー/フランス]
原題:Paul Sanchez est revenu !
監督:パトリシア・マズィ
出演:ローラン・ラフィット、ジタ・オンロ、フィリップ・ジラール

 

10年前に失踪した犯罪者、ポール・サンチェスが、プロヴァンス地方のレ・ザルクで目撃されたという。憲兵隊舎では誰もそのことを本気にしなかったが、若い憲兵のマリオンは違った…。

このような場所を映画に撮れるのはパトリシア・マズィをおいて他にいないだろう。丘陵、レ・ザルク、谷、国道、まるでラオール・ウォルシュの映画に見られるような広大な世界。ある人物の狂気が拡散していくとともに物語が展開し、やがてその狂気は集団の中へと波及していく。(…)」(「リベラシオン」紙より引用)

 

 

お申し込みはオンラインブティックから。

 

 

07
20
  • 2021-07-20 - 2021-07-20
  • 19:00 - 21:00
  • 料金:学生 500円 / クラブ・フランス会員 800円 / 一般 1,000円
  • お問い合せ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州 (Tel:092-712-0904)
  • アンスティチュ・フランセ九州5F多目的ホール
    〒 810-0041
    中央区大名2-12-6 ビルF 福岡市