2021年2月12日(金)19:00-21:00

映画ファンにお届けする日本語字幕付き上映会。冬のシネクラブは、クラシック名画、犯罪映画そしてドキュメンタリーの3作品をセレクトしました。上映会の後には、アンスティチュ・フランセ九州の館長と一緒に映画について気軽におしゃべりを楽しみましょう。

今回の上映作品は、本国でも大ヒットの恋愛コメディ『ヴィクトリア』。

 

弁護士のヴィクトリアは出席した結婚式で、昔の友人ヴァンサンと、以前担当した薬物事件の依頼人サムに再会する。ヴァンサンはその晩、恋人の殺害未遂容疑で逮捕され、仕方なく弁護を引き受けたヴィクトリアだったが、元夫の迷惑行為に対応したり、なぜかサムを住込みのベビーシッターとして雇うことになったり、数々の波乱が巻き起こる…。人気沸騰中の女優ヴィルジニー・エフィラ(『ELLE エル』、『大人の恋の測り方』)が仕事、家庭、恋愛の間で、自分の生き方を模索する現代的女性を魅力的に演じ、新世代の注目株ヴァンサン・ラコストもその魅力を十二分に発揮、さらにメルヴィル・プポーが油断のならない二枚目中年役を好演。監督は『ソルフェリーノの戦い』の女流監督ジュスティーヌ・トリエとなればただのドタバタコメディではありません。本国でも大ヒットの恋愛コメディ!

 

『ヴィクトリア』

[2016年/97分/恋愛コメディ/フランス]

監督:ジュスティーヌ・トリエ

出演:ヴィルジニー・エフィラ、ヴァンサン・ラコスト、メルヴィル・プポー

 

 

02
12
  • 2021-02-12 - 2021-02-12
  • 19:00 - 21:00
  • 料金:学生 500円 / クラブ・フランス会員 800円 / 一般 1,000円
  • お問い合せ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州 (Tel:092-712-0904)
  • アンスティチュ・フランセ九州5F多目的ホール
    〒 810-0041
    中央区大名2-12-6 ビルF 福岡市