オープニングパーティー:2020年4月10日(金)18:00

会期:2020年4月10日(金)〜29日(水)

フランスのイラストレータ達が参加し、拡張現実を用いたバンド・デシネの展覧会『盗賊ハンター』展を開催します。

アンスティチュ・フランセ九州のギャラリーでARの隠れ家を探して、盗賊たちとその魔法の力を見つけ出そう!

 

作画:アヌーク・リカール、ピエール・フェレロ、ピエール・ラ・ポリス、ロクサーヌ・リュムレ、アデル・フロスト、ダッチ、ギヨミット、チボー・グレーズ

展覧会コーディネート:ギヨミット

原作:出版社Cornélius、Les requins Marteaux、Disparateの作家たち

テクニカルと3Dアニメーション:アレクサンドル・コワリエ

音楽:ギャングポル・シルヴァン

 

Guillaumit © Renaud Monfourny

 

ギヨミット

アーティスト、デザイナー 、アニメーション映画監督。ボルドーを拠点とする「ファブリック・ポーラ」にてワークショップやリサーチを行い、パブリック・スペースでコンサートやアートイベントも開催する。
マルチメディア・コンサートや、アニメーションシリーズをてがけるユニット「ギャングポル・アンド・ミット」のメンバー。
マルチアーティスト、ギヨミットの作品世界では、最先端のテクノロジーツールに対する批判的視点を常に持ちながら、深刻なテーマとたわいないテーマが同時に扱われている。ミュージシャン、プログラマー、木工職人や建築家といった異なるジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行い、多様な解釈に対して開かれた、あらゆる人を対象とするプロジェクトを提案している。
ギヨミットのグラフィックやインタラクティブな作品は、これまでにゲテ・リリック(フランス・パリ)、金沢21世紀美術館(日本)、モンテレイ現代美術館(メキシコ・モンテレイ)、ル・キューブ(フランス・イシー=レ=ムリノー)、ハウス・デア・クルトゥーレン・デア・ヴェルト(ドイツ・ベルリン)、ラ・カサ・エンセンディーダ(スペイン・マドリード)、ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)等で紹介されている。

 

 

04
10
04
29
  • 2020-04-10 - 2020-04-29
  • 入場無料
  • お問い合せ:アンスティチュ・フランセ九州 (Tel:092-712-0904)
  • アンスティチュ・フランセ九州5Fギャラリー
    中央区大名2-12-6 福岡市