2019年6月21日(金)〜23日(日)

フランス映画ファンに贈る感動の3日間

1993年から日本で開催されているフランス映画祭、今年も豪華ラインアップで福岡でも開催!心温まる母娘のドラマ、現代社会を生きる若者たちの群像劇、アニメーション、ミステリー・ホラー、楽しいヴァカンスのドキュメンタリーとフランス映画の多様性、その豊かな創造性を最新の作品(長編7作品、短編1作品)とともにぜひ味わって下さい。

最終日には特別ゲストに『スクールズ・アウト』の監督セバスチャン・マルニエとプロデューサーのキャロリーヌ・ボンマルシャンをお迎えし、トークショーとクロージングDJパーティを開催します!お楽しみに!

今年は、新たなセット料金「フランス映画祭Pass」をご用意しました。映画が好きな方にはとてもお得な料金です!

西鉄ホールでお会いしましょう。たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。

 

フランス映画祭 2019 福岡のフライヤーをダウンロード

上映スケジュールはページ下のカレンダーをご覧ください。

 

特別ゲスト

セバスチャン・マルニエ 『スクールズ・アウト』監督
© Ph. Lebruman

応用美術と映画を学び、『Mimi(ミミ)』(11)、『Qu4tre(キャトル)』(13)、『Une vie de petits fours』(13)と3冊の小説を上梓。その後、漫画出版社デルクールから出版されたグラフィック・ノベルが仏アルテ局で放映されたアニメシリーズ『Salaire net et monde de brutes broadcast』(16)となり、アニメの脚本も共同執筆した。映画監督としては、3本の短編映画を監督し、2017年に初の長編映画『欲しがる女』を手がける。主演を務めたマリナ・フォイスは、本作で2017年にセザール賞の主演女優賞にノミネートされた。

 

キャロリーヌ・ボンマルシャン 『スクールズ・アウト』プロデューサー

2002年、ラファエル・ナジャリ(『ザ・シェイド』、『ジョッシュ・ポランスキーの兄弟』)の長編2作品をプロデュースしたことがきっかけとなり、ニューヨークに3年間滞在し、アベニューBプロダクションを設立する。マーク・フィトーシ、ラファエル・ナジャリやセバスチャン・マルニエといった新進気鋭な監督を初期からサポート。2017-2018年にはセバスチャン・マルニエの2作目となる長編映画『スクールズ・アウト』をプロデュースした他、数多くの監督作品を手掛ける。

 

 

主催:アンスティチュ・フランセ日本

共催:ユニフランス・フィルムズ、LOVE FM

提携:西鉄ホール

協力:九州フランスパートナーズクラブ

後援:福岡市

 

06
21
06
23
  • 2019-06-21 - 2019-06-23
  • 映画鑑賞料金(1プログラムにつき)
    前売 1,200円 / 当日 1,500円(2プログラム以降は半券のご提示で前売と同料金) / 割引(クラブフランス会員、学生、60歳以上)1,000円
    セット料金
    特別上映(ゲストトーク有) + クロージングDJパーティー:前売のみ 3,000円
    フランス映画祭Pass:3プログラム 3,000円(4,500円) / 5プログラム 4,500円(5,800円) / 7プログラム 5,500円(6,700円)
    ※()内は、クロージングDJパーティーとのセット券
    クロージングDJパーティー料金(鑑賞料金含まず)
    当日のみ 2,000円
    前売り販売:チケットぴあ Pコード550-087 / ローソンチケット Lコード84213
  • お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)
  • 西鉄ホール
    中央区天神2-11-3 ソラリアステージ6F 福岡市


フランス映画祭 2019 福岡

2019-06-21 『嵐』+『カブールのツバメ』
2019-06-22 『宝島』
2019-06-22 『社会の片隅で』
2019-06-22 『嵐』+『愛しのベイビー』
2019-06-22 『ウルフズ・コール』
2019-06-23 『マイ・レボリューション』
2019-06-23 『スクールズ・アウト』