19世紀パリを愉しむ

「パリの女」をテーマにした連作の画家、ジェームス・ティソ。ベル・エポックのパリ社交界の女性を描いた、イタリア出身の画家、ジョヴァンニ・ボルディーニ。

近代生活における女性たちを描いた印象派の先駆者マネ。

19世紀のパリの街と、モダンで洗練されたパリジェンヌたちを描いた画家たちの作品を鑑賞します。

 

James Tissot:La plus jolie femme de Paris

 

講師:小栁由紀子
美術史家
ルーヴル美術館管轄国立高等教育機関エコール・ド・ルーヴルにてディプロムを取得。18世紀フランス美術史、邸宅建築と装飾史を専門とする。2015年フランス教育功労章受章

 

テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
19世紀パリを愉しむ 毎回土曜:11/12、19、26 13:00-14:00 ¥7,000(3回) ¥7,500(3回)

 

※ 3日前までにお支払いください。お支払い後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 受講料は全回分のトータル料金です。年会費は必要ありません。

 

 

お申し込みは9月10日(土)より

オンラインブティックから!

 

 

お問い合わせ

☎️ 092-712-0904

【お電話受付時間】火〜金 10:00-13:00/15:00-19:00(土 10:00-13:00/14:00-18:00)