西洋美術史:ジュリオ・ロマーノ

北イタリアのマントヴァにあるパラッツォ・デル・テを中心に観ていきます。フェデリコ2世・ゴンザーガの離宮の造営にあたり、ジュリオ・ロマーノは宮廷芸術家として、建物、庭園の設計から内部装飾に至るまですべてを統括しました。

 

ジュリオ・ロマーノ『パラッツォ・デル・テ』
DR

 

 

フランス美術史:ル・ナン

19世紀半ばにJ.H.シャンフルーリによって再発見されたル・ナン三兄弟は、現在は「農民画家」として有名ですが、生前はルイ13世の宮廷の庇護を受け、宗教画、神話画、寓意画、肖像画など数多くの注文を受けて活躍しました。ル・ナン兄弟の多岐にわたる作品を観ていきます。

 

ルイ・ル・ナン『バッコスとアリアドネ』(部分)
DR

 

講師:小栁由紀子

エコール・ド・ルーヴル出身、2015年フランス教育功労章受章

 

講座名 テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
西洋
美術史
ジュリオ・ロマーノ 毎回土曜
4/18、25、5/30、6/13
13:00-14:00 ¥8,000 ¥8,700
フランス
美術史
ル・ナン 毎週木曜
6/4、11、18、25
19:00-20:00 ¥8,000 ¥8,700

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)

※ 予約は3日前に締め切ります。締め切り後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 受講料は全回分のトータル料金です。年会費は必要ありません。