西洋美術史:ジュリオ・ロマーノ

フランス教育功労賞受賞のエコール・ド・ルーブル出身講師による美術史講座。

15世紀末にローマで生まれたジュリオ・ロマーノ(本名ジュリオ・ピッピGiulio Pippi)は、ラファエッロの工房で修業し、晩年の師の共同制作者として大規模な壁画制作に携わりました。ヴァティカン宮、ヴィッラ・ファルネジーナなど、彼の初期のフレスコ画を中心に鑑賞していきます。

ジュリオ・ロマーノ:『自画像』

 

 

フランス美術史:17世紀風景画、ローマのフランス人画家たち

フランス教育功労賞受賞のエコール・ド・ルーブル出身講師による美術史講座。

風景画分野の先達にあたるボローニャ派の影響を受けて、ローマで確立された理想的風景画は、17世紀パリの収集家たちを多いに魅了しました。ローマを拠点に活躍した17世紀を代表する大画家ニコラ・プッサン、風景画の巨匠クロード・ロラン、ガスパール・デュゲら、フランス人画家の作品を、イタリア人画家との交流と影響、パトロンとの関わり等を通して観ていきます。

クロード・ロラン『売春の光景が描かれたローマ眺望』

 

講師:小栁由紀子

エコール・ド・ルーヴル出身、2015年フランス教育功労賞受賞

 

講座名 テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
西洋
美術史
ジュリオ・ロマーノ 毎週土曜
4/20、27、5/11、25
13:00-14:00 ¥8,000 ¥8,700
フランス
美術史
17世紀風景画、ローマのフランス人画家たち 毎週木曜
5/23、30、6/6、13
19:00-20:00 ¥8,000 ¥8,700

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)

※ 予約は3日前に締め切ります。締め切り後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 受講料は全回分のトータル料金です。年会費は必要ありません。