女性の自画像

『肖像画を観る』シリーズ第四弾

シリーズ前回でご紹介した男性画家の自画像に引き続き、女性画家の自画像について観ていきます。
近年に至るまで女性にとって、自立した画家としての名声を得ることは極めて困難でした。彼女たちの自画像には、美しくみせたいという女性としての率直な願望のみならず、社会的な成功に対する野心、職業画家としての戦略と策略が込められています。女性自画像に込められた様々なメッセージを読み解いていきます。

 

アルテミジア・ジェンティレスキ:「絵画」の擬人像としての自画像 DR

 

講師:小栁由紀子
2015年フランス教育功労賞受賞、エコール・ド・ルーヴル出身

 

テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
女性の自画像 8/3(土) 14:30-16:00 ¥3,300 * ¥3,800 *

* 飲み物・デザート付き

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)

※ 予約は特に記載がない場合、3日前に締め切ります。締め切り後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 年会費は必要ありません。