考古学を専門とする講師による、古代エジプト学4回シリーズ。

 

第3回

19世紀末~20世紀半ばのエジプトでのフランスの考古学の成果を紹介します。ツタンカーメンの墓が発見された時期でもありますが、当時、フランスの考古学者達もツタンカーメンの栄華と比肩する遺跡や墓を発見したのをご存知でしたか?タニス遺跡、カルナック神殿のカシェットの中庭、ダハシュールの墓地、トトメス3世の墓…これらの探検に出かけて、彼らが発見した宝物について楽しく学びましょう。

AS09_Egypte_H19

プスセンネス1世の墓の宝物と考古学者のピエール・モンテ
DR

 

日本語によるアトリエ

講師:グザヴィエ・ミシェル
ソルボンヌ大学考古学博士、アンスティチュ・フランセ九州講師

 

テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
3. ツタンカーメンが発見された時期 3/22(金) 19:00-20:30 ¥2,500 ¥3,000

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)

※ 予約は特に記載がない場合、3日前に締め切ります。締め切り後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 年会費は必要ありません。