昨年、炎によりノートルダム大聖堂の数世紀来の屋根組みが焼失し、その構造の堅固さがおびやかされました。パリで一番の観光スポットである大聖堂が、ノートルダム史上最悪な火災に見舞われてから早一年。大聖堂にオマージュを込めて、火災の起こった4月15日に特別セミナーを開催します。大聖堂の模型、彫刻やステンドグラスの複製をご覧いただきながら、講師が大聖堂の建設や歴史を紹介、火災の状況と今後の再建計画について解説していきます。

 

 

日本語によるセミナー

講師:グザヴィエ・ミシェル田中
ソルボンヌ大学考古学博士、ソルボンヌ大学考古学博士

 

テーマ 日程 時間 受講料
クラブ・フランス会員
受講料
一般
パリのノートルダム大聖堂、火災から1年 4/15(水) 19:00-20:30 ¥2,500 ¥3,000

 

 

お問い合わせ・ご予約:アンスティチュ・フランセ九州(Tel : 092-712-0904)

※ 予約は特に記載がない場合、3日前に締め切ります。締め切り後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

※ 年会費は必要ありません。