在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は、日本でフランス文化を振興する企画の主催者に、ある一定の条件のもとで、後援名義の使用を承諾いたします。この後援は、企画のさらなる発展に寄与するとともに、主催者がパートナー企業を探す際の強みになります。

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本の後援を受けるには、以下の申請フォーム( 印は必須項目)に入力してください。紙ベースでの申請書は受け付けておりません。入力漏れや不備のある後援申請は受け付けられません。

複数の地方を巡回する企画や公演の場合、後援は企画全体に与えられます。よって申請は一度のみ、企画全体に対して行ってください。
後援名義申請の処理には、申請を受理した日から2ヶ月いただいております(広報素材の印刷などの締め切りがある場合には、申請者自身がその期日を考慮のうえ、余裕を持って申請してください)。直前の申請など十分な審査期間が確保できない場合は、審査をお断りすることがあります。また、この審査期間中の在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本への処理状況に関するお問い合わせはご遠慮いただいております。商業目的の企画への後援名義申請は、在日フランス大使館経済部に、科学関係の企画は、在日フランス大使館科学技術部にお送りください。

 

後援名義使用承諾の条件

  • 企画はフランス文化およびフランスと日本の文化協力関係を促進するものであり、その企画の大部分においてフランスの要素が含まれていること。申請書には展示作品、公演作品やアーティストのリスト等を含む詳細な企画書を必ず添付すること。添付の企画書を含まない申請書は後援名義の審査対象にはなりません。
  • 企画に関する全ての広報ツール(チラシ、ポスター、ホームページなど)に在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、場合によってはアリアンス・フランセーズのロゴおよび/あるいはクレジットを載せること。(ロゴおよびクレジットは、後援名義が許可された企画の広報ツールにのみ使用のこと。)
  • 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本のロゴ(場合によってはアリアンス・フランセーズのロゴ)および/あるいはクレジットが掲載されたチラシとポスターといった広報ツールを郵送にて提出すること。
  • 申請者がフォームに入力した内容は、当方のデータベースに登録されます。
  • アンスティチュ・フランセ日本の企画に関する最新情報を受け取ることを承諾すること。
  • 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本に、後援許可のおりた一つの企画につき招待券5枚を提供すること。展覧会の場合は、招待券20枚と図録3冊を提出。
    招待券などの送付先は、以下の通りです。
    〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44 フランス大使館内
    アンスティチュ・フランセ日本
    「xxxxxxxxx部門」(下記を参照の上、担当部署をご記入ください)

    • ビジュアルアート(絵画、彫刻、インスタレーショ、メディアアート、写真)・デザイン・工芸・ファッション・建築・舞台芸術(ダンス、演劇、パフォーマンスアート、現代サーカス、ストリートアート、多分野横断、人形劇)に関する申請 → 担当部署:芸術部門 dg.artistique.contact[at]institutfrancais.jp
    • 映画・音楽(クラシック・現代音楽、ポップス、ジャズ、ミュージカル)・TV・ラジオ・デジタルクリエーション(ビデオゲーム、VR、eスポーツ)に関する申請 → 担当部署:映像・音楽部門 dg.audiovisuel.contact[at]institutfrancais.jp
    • 書籍、文学、バンド・デシネ(漫画)、討論会に関する申請 → 担当部署:書籍・グローバル討論会部門 dg.debat.contact[at]institutfrancais.jp
    • フランス語、フランコフォニー、スポーツに関する申請 → 担当部署:教育交流・フランコフォニー部門 dg.lff.contact[at]institutfrancais.jp
    • 大学・研究交流に関する申請 → 担当部署:教育交流・フランコフォニー部門 dg.lff.contact[at]institutfrancais.jp
    • ガストロノミーに関する申請 → 担当部署:PR・マーケティング部門 dg.communication.contact[at]institutfrancais.jp
  • アンスティチュ・フランセ日本から要請があった場合は、該当企画のイベント会場にてアンスティチュ・フランセ日本のパンフレットや広報資料を掲出すること。
  • 企画終了後2ヶ月以内に、来場者数等の情報を記載した報告書を担当部署に提出してください。なお、企画が新聞等で紹介された場合は、新聞記事も報告書に添付のこと。

申請者は、上記の条件に同意の上、後援名義使用の申請を行うものとします。
申請が完了すると「申請受領メール」が登録いただいたメールアドレス宛に自動配信されます。

以下にフォームが正しく表示されず空白となる場合は、お手数ですがこのリンクをクリックして別ウィンドウでを開いてください。